08
07月09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

08/15

カナすけ&ホライゾンー

Category :
や、タイトルに深い意味はないんですが、ブログが広告表示状態になってしまったので、8月前半に描いた絵でお茶を濁すのです(えー

s-佳奈10B2
というわけで、最初に『大図書館の羊飼い』の洗濯板…もとい、看板娘、鈴木佳奈すけの水着バージョンなのです。

タイトルはホライゾンなのですが、絵であれば垂直線(Perpendicular line)…パーペンディキュラー・ライン…なんか言いにくい。Vertically lineでも同じ…なのかな?
ちなみに、今回の絵、妙にお尻が注目されるっぽいです。

麻衣2018-1A2B
毎年恒例、朝霧麻衣シスターの誕生日絵。
今回は『千桃』から天京帝立学院の制服になりました。
色を塗ったらちゃんと制服を着ている感じに…なるかなぁ。

滸02A
8月2日のパンツの日に、犠牲者になってしまった『千桃』の稲生滸さん(えー
性格的にあまりラフな格好をする感じではないですが…どういう場面なんでしょうね?

朱璃07A
8月といえばオーガスト、ということで8月最初に描いたのが『千桃』メインヒロイン宮国朱璃でした。
これまたラフな恰好なんですが…暑かったからですかね、たぶん。
 
07/16

通り過ぎた夏の彼方

Category :
Emuさんの『Railway 〜ここにある夢〜』の夏草の線路より。ゲーム自体はやったことないんですが、KOTOKOさんが絡んでる曲ということで、何故か耳に残ってる曲でした。夏っぽくて良いですよね。

2018オリジナル17・18B2
というわけで(なぜか)、夏っぽいものを描こうとして、暑さで脳がショートしたのか、今回の絵はこんな感じになりました(をい

一応おんなじ女の子として描いているんですが、髪型が違うと別人ですね(^^;
2018オリジナル17B3
フリー写真素材サイト「PAKUTASO/ぱくたそ」の田舎の夏(縁側)を背景に使わせていただきました。
なんとなく風呂上がりっぽい雰囲気で…縁側にこんな娘さんがうろついてたら問題がありそうですが。

2018オリジナル18B3
小樽総合デザイン事務局の函館本線「小沢駅」の画像を使わせていただきました。
『Railway』っぽく、北海道な感じで…まぁ、C62が函館本線を走っていたかは分かりませんが(^^;

このあとは背景なしとか。

 
06/18

そよ風に爪弾かれた花の音色は 涼やかに青空へ響いてく

Category :
ぱれっとさん晴れときどきお天気雨OP『花束』より。
あまり明示されてはいないですが、初夏っぽい作品なので、この時期には聞きたくなるのです。

というわけで、梅雨の真っ最中ですが、水着でゴー(をい
2018オリジナル16A3A
いろいろな(意味不明な?)経緯があって、新スク水の女の子を描こう、と思って描き始めたは良いのですが、正面から見ると新スク水って、難しいなぁ、と思ったり。

女の子単体だと、よくわからない絵になってしまったので、彩雅介さんの背景素材をお借りしました(https://www.pixiv.net/member_illust…)。ちょっと加工していますが。

2018オリジナル16A3C
こちらは夕暮れの背景ですね。少し表情と色合いを変えてます。不意にこちらを見つけて驚いた感じでしょうか。

2018オリジナル16A2
こちらは背景なし。
新スクは太もも周りの縁取りは白にはならない方が多いと思うのですが、なぜか白になってました(えー
それにしても、旧にしろ新にしろ、スク水って、どうやって描いたら可愛くなるんでしょうね。
 
06/05

道はまだまだつづいてる

Category :
去年の夏に自転車を27インチ・6段変速のもの(Austin社のクロスバイク)に買い替えたので、いつか遠乗りしてやろう、と思っていたのですが、ようやく体調がマシになってきたので、今日実行(昨日、熱出してましたが…)。

2018オリジナル13B
結論から言うと、荒川の一番幅の広いところ(北本・鴻巣境界あたり)まで行って、往復走行距離で29.8キロ。休み休みとはいえ、最後の方はさすがに疲れました(^^; ロードバイク乗りなら100キロくらい走るんでしょうけど。

絵の方は個人的な自転車女子のイメージ(貧困)…スパッツを履いているだけなんですけどね(をい
…おっぱい大きいとあまり早くならなそうな気もしますがはてさて。

ちなみに、個人的にはレース用のロードバイクのイメージはあまり良くないです。さいたまクリテリウムのイメージが悪いのもあるのですが、頼むから前を見て走ってくれーー…怖いんですよ。オリンピックは首都高の上だけ走ってくれないですかね(圏央道一周もありですね)。

IMG_1249.jpg
今回の旅程の目的地は北本市高尾地区の「北本市野外活動センター」でした。こちらは同じ場所にある保全林ですね。
この場所、仕事でしょっちゅう来るんですが、撮影はできなかったので、どうにかこうにか今回撮ることができて嬉しいのです。

 
05/05

衣替えの季節ですが

Category :
GWも終わると、近所の学校もだいたい夏制服になったりするのですが、その前にむしろ着るものを増やす絵を一枚。

凪11C
いつもラフに制服を着ている小太刀凪にきっちりとスクールニットを着せてみようという絵(をい

や、久しぶりにビジュアルファンブック見てたら、凪の制服って、冬服はブレザーの前を留めてないし(ニットも着てない)、夏服に至ってはサマーセーターを着ない(ブラウスのまま)、というパターン。
これはアレか、ニットを着ると、おっきな二つの山がいろいろ問題を起こす展開か!?
という意味不明な思考の末に上の絵になったのでした。
以下、小話。



大図書館の羊飼いSideShortStory「衣替え前に起きた惨事?」

佳奈「うぅぅ…しくしく」
凪「アンタねぇ…自分で着させといて泣いてんじゃないわよ」
京太郎「えっと…小太刀、状況がわからないんだが、なんで佳奈すけは部室の机に突っ伏して泣いてるんだ?」
凪「この洗濯板が、なんで学校指定のニットを着ないのかって訊いて来るから、そんなもの着てボタンとめると苦しくなるからよ、って答えたのよ」
京太郎「ボタンをとめると…ああ、なるほど」
凪「筧が何を納得したかは聞かないけど、そしたらこのまな板、自分のロッカーから替えの制服出してきて『小太刀さんもこれを着れば、その暴力的なお肉が小さく見えるわけですね(キラーン)』って言うから…」
京太郎「で、着てみたってわけだ。まぁ…確かに身長は佳奈すけとあまり差がないけど…」
佳奈「なんで着たら着たで余計に大きさが強調されやがるんですか!!」
京太郎「突っ伏したまま泣き叫ぶな、佳奈すけ。まぁ…気持ちは分からなくは…ないが」
凪「これ着ると、やたらと暑くなって汗かくから、ニットごと制服が肌に張り付いてくるのよね」
京太郎「これが噂に聞く『ちちぶくろ』というやつか」
凪「なにそれ?」
佳奈「あんなの都市伝説です! ほらーです! みすてりーです! もぎりとって『さすぺんす』にしてやるです!!」
京太郎「いきなり物騒なことを叫ぶな。というか、ジャンルがめちゃくちゃだ」

凪「ところで、いい加減コレ、脱いでいい?」
佳奈「勝手に脱ぎやがれです!」
京太郎「『品格のある乳』と滔々と語った佳奈すけがだいぶ荒んでるなぁ」
凪「ベニヤ板が何を叫ぼうと知ったこっちゃないわよ。ああ、そうそう一応言っておくけど」
佳奈「……なんですか、慰めなら、いらねーですよ」
凪「アンタ、衣替えですぐにクリーニングに出すから、って言ってこのニットを貸してきたわよね。」
佳奈「………………」
京太郎「佳奈すけが無言ということはそういうことなんだろうな」
凪「なんか胸のきつかったところだけ、思いっきりニットがのびちゃってるけど、秋になったらアンタこれ着る気なのよね?」
京太郎「佳奈すけの突っ伏した背中から、さっき以上の『どんより感』が漂ってるな」
凪「ま、鉄板のニットがどーなろうと、あたしの責任じゃないし」
京太郎「とか言いながら、脱いだニットを俺に渡すな」
凪「起きてこないからそこの十勝平野に返しといて。……ああ、筧くん」
京太郎「なんだ?」
凪「汗に濡れたニットで、こっそりあたしの匂いを嗅いでもかまわないわよ♪」
京太郎「するか、そんなこと!? って、もう出て行っちまったし」

京太郎「やれやれ。…佳奈すけ、とりあえずサスペンスはナシで現実を直視したほうが良いぞ」
佳奈「現実なんて嫌いです! あんな脂肪の塊、もげてキャンプファイヤーの火種にでもなっちまえば良いんです!!」
京太郎「起き上がっていきなりそれか。ってギザ!?」
儀左右衛門「あふぅ…おぅー、ないす」
京太郎「なにニットの上に座って満足気にサムズ・アップしてんだ!?」
佳奈「現実なんてみんな消えちゃえば良いんですーーーーーーーっ!!」
京太郎「窓を開けて叫ぶなよ…」




思いつきで書いたのでいろいろグダグダですが、絵描きはこういうイメージだった、ということで。

ネタとしては逆回しで、つぐみや佳奈すけにラフな格好のコスプレも面白いかもですね。