05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

07/24

【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「自分の手で……」 by やまぐう様】(18禁)

Category :
s-白10B
実は、今回掲載いたします白の絵は、「とりあえず描いたはいいものの、そのまま載せるわけにも行かず取り扱いに困った」代物で、本来ならお蔵入り方向の絵でした(フォアテリに限らず、そういう絵は結構あったり)。

そんな絵に、やまぐう様から白のえち小文を付けていただき、今回復活と相成りました。本当にありがとうございます。ブタベの絵自体はあまりえちぃくは無いですが、文章はえち全開です(笑) 皆様に楽しんでいただければ、とても嬉しいです。

それでは(続き)をどうぞ♪


【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「自分の手で……」 by やまぐう様】(18禁)

 梅雨が明けて暑さもますます盛ってくる今日、夏の制服に身を包んでいる孝平と白は白鳳寮に帰ってきてすぐ、男の部屋でふたりきりになった。どちらの体からも濃密な体臭――強い日差しを受けて肌に浮いた汗の臭いが加わった生々しい臭いが放たれている。孝平の体臭が白を牝にし、白の匂いが孝平を牡に変える。
 求める気持ちを両腕にこめてきつく抱きあい、なんども唇を合わせ、舌を絡ませ、粘膜で触れあい、高まっていく。
 痺れるほどの濃厚なキスを孝平はいったん途切れさせ、体を離し、
「白ちゃん、胸を見せて」
 甘い吐息を漏らしている少女の瞳を見つめ、男の欲に素直にリクエストする。
「は、はい」
 わくわく顔でいる孝平の真ん前で、白は吐く息の温度を高めながら夏服の前を開いていく。
 まず覗いたのは、谷間にリボン、カップの縁をレースが飾る、なかなかにお洒落なブラジャー。薄いブラウスの下に着けるにしては大胆な、こうして孝平に見せるために着用したブラジャー。
「うん。とっても、いいよ」
 予想以上の素敵な下着姿に、孝平の目が細くなる。彼に喜んでもらえて白のまなじりもゆるむ。
 男は視線をふくらみに固定したまま、手を伸ばしていく。そっと撫でて、顔をほころばせる。洒落たブラジャーは手触りもよく、節くれだった指が嬉しそうにはずんで、まさぐりつづける。
「あっ、支倉、先輩」
 ブラジャーだけを愛おしむという器用なことができるはずもなく、孝平の指は白の胸乳にも甘い刺激を与えている。双丘が少しずつしこって固さを増し、先端がムクムクと大きくなってきた。
「胸、直接見たいな」
 くいくいとブラジャーの縁に指をかけて揺らして、せがむ。そのまま自分で脱がせることができるのに、あえてせがむことで少女の淫欲を煽っている。
「……ああぁ」
 求められた白は小さな喘ぎをピンク色の唇からこぼす。まだ量感に乏しいふくらみを自分で見せるのに羞じらいを覚え、“しないとダメでしょうか”と目で問いかけるが、孝平から優しくて強い光を返されてしまう。
 前をはだけている少女はうつむいて、たどたどしい手つきでカップを下からたくしあげた。
 素敵なブラジャーに隠されていたのは真っ白な乳肌。なだらかな丘の頂点には薄桃色の突起。
 孝平の目がきらっと輝いた。ふっと唇がゆるんで。
「白ちゃんの、オッパイ。可愛いよ」
「あんっ」
 喜びいっぱいに誉める彼の声を浴びて、肩と腕をすくませる。チリチリと灼かれるように乳首が震える。
 白には自覚がある。この身体はいつまで経っても熟れない、女らしさとは無縁な体型と。だからこうして体を見られると臆してしまう。それでも最近になって、孝平に見られる悦びを徐々に覚えはじめていた。彼の情熱的な視線は、「女」として自分を見てくれている証だから。
 胸部を隠そうとした腕を下ろす。孝平が小さくうなずき、「綺麗だよ」と心をこめた言葉を送る。
「本当ですか?」
「うそなんて言わない。綺麗で、可愛くて、俺は大好きなんだ」
 力強く宣言して孝平は、すっかりと上気した白をベッドへ運び、そっと横たえた。あお向けになったことで、白の持つ可憐さがますます引き立つ。
 少女らしい甘い息遣いに合わせて、薄めの胸が上下に揺れる。男を魅惑するのに重量感など必要がないと証明する素晴らしい胸だ。
「ああ、白ちゃん、白ちゃん」
 歓喜のあまり名前を連呼し、顔を胸もとへ近づけていく。
 間近から熱い息を浴びて、いっそう細かく乳首が震える。
「んろ」
「きゃっ、ああぁん」
 長く伸びた舌がピンと尖っている乳頭に絡まった。鮮烈な快美電気が胸一帯だけでなく華奢な体を駆け巡って、白はシーツの上で身をのけ反らせた。
「白ちゃんのおっぱい、おいしいよ」
 ぺろぺろとふくらみ全体に舌を這わせて唾液で浸す。乳首は舌を絡めるだけでなく唇で甘噛みしたり、ちゅうちゅうと吸いたてて、白から悦楽の媚声を引き出す。
 口だけでなく手も寄せて丘の裾野を優しく揉みたて、穏やかな快感と鮮烈な快美をミックスさせて白をめろめろにしていく。
「あっ、あっ、支倉先輩。胸、すごく痺れて、ああっ、気持ちよくなって、ああン。でも、な、なにかもっと、ああ、欠けたような気持ちに、また」
 感極まった白が「欠けたような気持ち」と口走るとき、それはさらなるつながりと陶酔を求めているとき。
「なにが欠けているのかな。俺、どうすればいいのかな」
 男は期待感を笑顔に浮かべて、唾液に濡れ光るピンク色の突起を指ではじくとその手を下へ持っていく。
 すでに乱れていたスカートの裾をつまんですぐ、たくしあげた。
 ブラジャーと比べるとシンプルなショーツが晒される。デルタを覆う布地にはくっきりと染みが浮かびあがっている。
「濡れてるね」
「はうぅ」
「このままで、いい?」
「……アッ、アアァッ!」
 恥液に汚れた下着を凝視されて白は熱く悶える。もはや邪魔でしかないスカートをそそくさと脱ぎ捨て、孝平の視線に焦がされながらじりじりと両脚を動かしてMの字を描いた。
 淫欲の光を瞳に浮かべ、ショーツの端をつまんで引きおろしていった。太ももの途中まで下ろしたところで艶にまみれた息を吹きだした。
「み、見えますか」
「うん。でも、もっとよく見えるようにしてほしいな」
 下着がずれて脚も開いているから陰阜は丸見えだ。でも孝平はもっと白に、卑猥で煽情的な行為をするよう求めている。
「こ、これで……」
 カアッと頬を赤くし、ほころびかけた陰唇に指をあてがうと、大胆にめくり開いた。

陰唇を自分で開く白


 まだ子供らしさを残す少女が、破廉恥極まりないポーズで男の前にいる。ブラも半脱ぎならショーツも半脱ぎ。それでいて乳房も秘裂もあられもなく曝け出している。
 孝平は少女の半裸を目に焼きつけてから、視線を秘部に集中する。
「よく見える。白ちゃんのなかまで、見えてる」
「い、いや、あ、ああぁ……」
 自分の手で見せつけていることを言葉によって明らかにされた白は羞恥の業火に灼かれてしまう。それでも指はそのまま。それどころか小刻みなビブラートをはじめて陰唇を刺激している。
 無意識に指を使っているのは、もっと感じたいから。
 白の指で粘膜まで見せてもらったとはいえ、「欠けたような気持ち」まで少女自ら埋めさせるなんて不粋すぎる。だから孝平はゆっくりと白の股間に顔を寄せながら、問いかけた。
「俺は見てるだけで、いい?」
「し、してください……舐めて、ほしいです」
 性器を剥き出しにしたことで羞じらいも奥床しさもなくなり、少女のほうからクンニリングスをおねだり。
 間近にあった孝平の口から舌が突き出て、秘裂にかぶさった。舌腹で優しく摩擦をはじめた。
「は、はう、ふううん。それ、ああっ、温かくて、支倉先輩がひとつに、くっついて……はああぁん」
 夢を見るようにうっとりとした嬌声をあげ、可憐な少女は臀部を揺する。舌と重なって幸せで、もっと幸せになりたいと願っている。
 孝平の舌は割れ目を覆ったまま圧力を増し、肉唇を左右に押しわけて進みそうだった。そのままなかに侵入していきそうだったが圧力を弱め、外側から、陰唇を優しく這う。秘唇にあてがわれたままだった少女の指も愛おしむように舐めあげた。
「ん、ふ……」
 甘い声をあげて白は指を引き、愛する男の口舌に愛撫を任せる。任せられた男は、巧みに、強弱をつけて恥丘を舐めまわした。
「んああっ、あっ、支倉先輩。わ、わたし、い、いいっ、気持ちいいです」
「嬉しいよ。いっぱい気持ちよくしてあげるからね」
 媚声がだんだん高く大きくなる。白の昂りに合わせて孝平の舌技もねちっこく、女の性感を直撃するストレートなものに変化していく。
「はう、はっ、はあっ。も、もっと、ああ、わたしは、はふん」
 M字の脚が伸びそうになって、また戻る。大きく開きそうになって、閉じる。微妙な動きを繰りかえす太ももには脱ぎかけショーツが残ったまま。
 伸縮性に富んだショーツとはいえ脚に残っていると、軽い束縛を受けているように白は感じる。ねばっこく性器を舐めいじられて身悶えするときに、その束縛感で妖しい快楽が生まれている。
 白が軽いアクメを迎えた。ぷるぷると可愛らしく全身を震わせて、
「ああぅ、う、ああぁン。もう、もう足りない、足りないです。いっぱい、いっぱい埋めてください。先輩を、わたしのなかいっぱいに、ください。お願いです」
 舌で舐めあげられる快楽の虜になっていながら、女の奥まで入ってくる男根を求めて白が甲高い声で叫ぶ。
「入れるよ。俺だって白ちゃんとひとつになりたい。いっぱい、気持ちよくなりたい」
 孝平は喜びの声を返して身をずらし、カウパー液を吐きまくってぬるぬるの陰茎を白の股間に寄せていく。白はショーツを脱ぎ、両脚に手を置いて左右に開き、彼が来るのを待っている。
 勃起の先が膣口に合わさってすぐ、埋もれていく。白は満面に淫欲の笑みを浮かべ、腕を孝平の背にまわしてきつく抱きついた。




いかがでしたでしょうか。やまぐう様の白小文の中でも、本番前なのにここまでえちぃのは珍しいのではないかと思います。
孝平に弄られていくうちに熱くなって、自分から求めてしまう白ちゃんが可愛いですね♪

ちなみに、続きがあるかどうかは皆様のご声援次第らしいです<マテ

そう言えば、今回はぼかしではなく、黒線にいたしましたが…どっちがえっちぃのかなぁ、と。今回は白が自分で広げる行為が特にメインなので、ぼかすとその印象が薄まってしまうかな、と思いこうなりました。その辺は見た方次第なのかも。


※絵描きブタベのワガママで、文章の一部を変更させていただきました。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »