05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

07/28

【Original Story 『サイドポニーのチアガールさん』 by やまぐう様】

Category :
先日のチアガール娘さんの絵に、やまぐう様がお話を付けてくれました。

紗奈に続く、オリジナルのお話です。紗奈たちとは違う、男の子と女の子の関係をお楽しみください(^^)



【Original Story 『サイドポニーのチアガールさん』 by やまぐう様】

「こら、こんなところでサボっちゃだめだぞ」
「サボりじゃねえよ。今日は自主練だ」
 木陰で座りこみ、ペットボトルから水を口に流しこんでは額に浮きでる汗を拭いていた少年へ、ポンポンを持った両手を腰にあてたチアガールが黄色い声をかけた。大きなリボンでサイドポニーに髪をまとめる少女の声は、中身に反して叱っている色はまったくなく、おつかれさまと言っているのと変わりない。
 声が降ってきた先を仰ぎ見た少年は野球部レギュラーの東条晃、チアガールは長谷弓奈。それぞれのユニフォームに身を包むふたりはクラスメート。気が合ってよくおしゃべりするふたりの仲は、付きあってるぜと噂されているものの、実際は友達以上恋人未満。
 晃にとっての本番、夏の甲子園予選がはじまるのは三日後だ。ずっと練習ずくめだった日々の成果が問われる。
 今日は休養日となっていて、休んでよかったのだが、晃は軽く体を動かしに来た。
「そっちこそ、サボってるじゃん」
「もう、終わったの。今日のメニューはそんなに量がなかったから」
 切り返された弓奈はポンポンを持った手を伸ばし、ポーズをひとつ決める。通り抜けた風で揺れたポニーテールが光り輝いて、晃は目を細めた。
「そっか。それに練習っていっても部屋のなかだろ。いいよな」
「練習でバテたら、まずいもん。今日はなかだったけど、体力つけるからって外でやるときもあるよ。知ってるでしょ」
 弓奈は、よいしょっと小さく言って晃のすぐ隣りに座った。ふううぅっと大きく息をつくと、脚を開く。

s-2008チアガール1

 なでやかな肩からすぐ、ユニフォームが魅惑的に盛りあがっている。短い裾から、真っ白な太ももが伸びていて、野球少年の心をざわめかせる。
 まばゆい太ももをじろじろ見そうになるのを抑えこみ、聞こえないように生唾を呑みこんでから、晃は言葉を選ぶ。
「……長谷って、大胆」
「なにが?」
「ほら、その、それだ」
 ちらちらと送る目線の先に気づいて、弓奈がくすっと笑う。
「見えちゃった?」
「なんとか、セーフ」
「別に、アンスコは見せてもいいんだよ。動いているとき気にしてられないし」
「わっ」
 裾をひょいと引き、太ももを根元まで、アンダースコートと合わせて見せてしまう。
 晃は目を見開き、口も開きかけ、ぷいっとうつむく。
 クラスメートの純な反応に弓奈はころころと声をあげて笑った。
 笑い声が静かになってから、晃はぽつりと口にする。
「ま、派手な応援は、嬉しいぞ」
「そう? ほんとに?」
 弓奈は、誉めるのはいいがまだ顔を合わせてくれないクラスメートに肩を迫らせる。チアガールのなかでも一二を争うボリュームの胸がたゆんと揺れて、目に入った晃は思わず咳払い。
「ああ。長谷もそうだし、チアのみんな、一生懸命応援してくれるから、グラウンドで力が出せる」
「野球部のみんなのほうが一生懸命だよ。スタンドで見てて、感動してるよ」
「そうか。それなら予選でもがんばってみせるぜ。準々決勝まではなんとか」
 サムアップしてみせた晃に、弓奈は頬をふくらませ、ポンポンで頭をはたく。
「もう。ここは『優勝してみせるぜ』でしょ」
「ごめん。正直なんだよ、俺は」
 頭をかいて照れた晃に、
「うん。知ってるよ」
 と澄ましたほほえみでフォロー。
 晃も快活に笑いかえし、
「さてと、もうちょっとやっとくか。じゃあな」
 さっと立って、グラウンドへ戻ろうとした。
「待って、待って」
「うん? なにかあるのか」
 後を追って立ち上がった弓奈は晃と正面から見合って、
「それファイト、ファイト、晃」
 華麗にポンポンを振り、軽やかにジャンプして、すらっとした肢体をはじけさせる。
「お、おい、やめろよ。恥ずかしいって」
 晃はあっけに取られてから、きょろきょろと、まわりに誰もいないことを確認して、素直に応援を受ける。
 弓奈が最後にくるっと一回転してスコートの裾を跳ねあげたのは自然な流れで、サービスでもあった。
 手首から先の動きだけでポンポンを細かく揺らし、一礼して終わる。
「へへへ、がんばっている晃を応援してあげた」
「わかったわかった。サンキュ。試合までずっと、がんばるから」
 はにかみながら晃は手を振って、一目散に駆けていく。
 彼の背中を見送ってから、弓奈は腰を下ろす。彼に贈ったアクションを思いかえし、もっと派手でもよかったかなと考える。
「次……本番ではそうしようっと」
 ひとり残ったチアガールは涼しい木陰で、心地よいほてりに包まれていた。



ちょっぴりえっちぃチアガールさんですね。ちなみに、最後のほうの弓奈の応援はこのときの絵がイメージになっているとのことです。

『友達以上恋人未満』の二人の関係が進展するのは…さて、どんな状況なんでしょう(^^)



色々な意味で死にそうなので、色々なことはまた明日以降に…すみません(涙)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »