05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

09/01

紅染めの月

Category :
旧暦九月の異称です。昨日までは涼しく、残暑とは言え…と思っていたら思いっきり暑い日になってしまいました。そんな中で、社用で彦根まで行ってきました。社用とは言え、日当も出ないので(公休日)、ヤケクソ気味に観光もしてますが。久しぶりに走る高速道は怖かったです(笑)



P1030701.jpg
昨夜は月末ということで朝の5時まで仕事がかかり、久しぶりに朝焼けを見ることに(普段は3時半には帰れます)。なんとなく秋っぽい雲で染まっていたので、寮の最上階まで登って写真を撮ってました。

手前のマンションが無ければ、もっと良い朝焼けが拝めたはずなんですが(墨俣あたりだったら絶景だったに違いない)、いつかもっと良い朝焼けを拝むための障害だと思うことにしましょう(笑)

(続き)以降は朝焼けの続きと、彦根城そのほか、です。

P1030714.jpg
朝焼けその二。真ん中あたりは大垣市役所庁舎とNTTです。

P1030719.jpg
朝焼けその三。もうすぐビルの向こうから太陽が顔を出す、という瞬間ですね。顔を出してしまったとたんに空がいつもの朝の景色になるから不思議です(単にそういう高さまで昇っただけだと思いますが)。



P1030731.jpg
営業開始前に彦根の店に行ってから、彦根城に。慶長年間に造られ、修築を繰り返した江戸時代の天守閣がそのまま残った、国宝です。

徳川四天王の井伊家の居城だけあって、名古屋城と同時期に作られた割には装飾もほとんどなく、ただ堅固に、防御に特化した造営になっています。関ヶ原合戦以降に中仙道の要衝・彦根に作られた城、ということからも伺えます。

ちなみに、もともとこの土地にはすぐ近くに石田光成の居城・佐和山城がありました。その遺構はほとんど残っておらず、佐和山がただ彦根城の東にあるのみです。これは秀吉の建てた大阪城が完全に潰され、その上に徳川の大阪城が建てられたことと同じことだと思っています(そういう意味では岐阜城も同じですね)。

P1030736.jpg
天主右斜め前から。
城壁のそりがまったく無い、つまり美しさを考慮していない、というのは『赤備え』と謳われた井伊家を考えると不思議ではあります。

西之丸三重櫓の造りもそうなのですが、明らかに安土桃山時代の造築とは異なるあたり、『江戸時代』という時代背景もうかがえます(親藩大名にとっての城郭の意味、でしょうか)。

P1030742.jpg
天守閣最上階に登って琵琶湖方向。
多景島(たけしま)と呼ぶ島が浮かんでいます。正直、ブタベは琵琶湖の中に島があると思っておらず…いかに無知かがさらけ出される始末(笑) 彦根の港からは観光船も出ているみたいなので、一度行ってみたい島でもあります。

晴れてはいましたが、残念ながら靄がかかっていたので、琵琶湖の対岸の比叡山は見えませんでした。大津まで行けば見えるのかな?

P1030749.jpg
天主を出て、すぐ下から煽りの構図。ちなみに、このお城の階段、傾斜角が62度と…とんでもなく急でした。足腰に不安のある方は登らないほうがよろしいかと(ブタベはかなりおっかなびっくりでした)。松本城といい、犬山城といい、古いお城はどうしてこんなに急階段なのやら。

P1030766.jpg
西の丸を回り込んで、延々と歩き、梅林を通り抜けました。
ここは江戸期は米蔵のあったところ(琵琶湖の船から引き上げたものの貯蔵庫)で、右の傾斜の上に天守閣があります。

この時点で時間が正午ちょうど。気温32度…暑過ぎました(^^;
本当は長浜城程度に、平坦な場所にあるんだろうなぁ、と思っていたのですが、意外に山城で、郡上八幡城並みにきつい山登りになってしまいました(笑)



P1030771.jpg
大垣に戻って、市民プールの近くにある八幡神社。こちらの地方は、屋敷林が無いので、こういう木が立っているとついつい社かと思って見に行きたくなるのがブタベの悪い癖(笑)

P1030772.jpg
社というよりは小さな祠みたいな感じですね。個人的には自社は華美に装飾された場所よりも、質素で清澄な雰囲気の場所のほうが好きなので、こういうお社は大好きです。

きっちり掃き清められているところを見ると、氏子さんが丁寧に掃除しているみたいですね。



P1030775.jpg
お土産…という訳でもないですが、彦根に行ったので、ひとつくらいはひこにゃんグッズを。アジによって三種類のひこにゃんのフィギュアがあるみたいですが、ブタベはオレンジを選んでみました(刀持ちだから)。


というわけで、休日もよく分からないままにつぶれていくのでした。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

彦根と言えばひこにゃんと埋れ木(求肥に抹茶を混ぜた和三盆糖をまぶしたお菓子)しか知らないひでやんです(ォ

朝焼けの写真と八幡神社の写真がいいですね~。
お社の雰囲気もなかなか良いです。

>ほんとは外出着の方でやりたかったんですが
こういう時はヌーブラとかノーブラで(爆)
でも外出着だと脱がすときに楽しみが無くなりそうな気が(マテ

優奈「服で固定させると言うのも手かもしれませんよ」
ああ、アンミラとか神戸屋みたいにスカートとシャツで固定させるやつ?それやったら…
優奈「おや、どうなさいましたか?まるで私にその服装をしろと言わんばかりですねぇ」
あ、あはは…バレたか。

>屋根があるから
地下はその名の通り地面の下なので地面に流れ込むんですよね。
下水のおかげで乗り切ることが出来ますが、キャパシティを超えると…。
すごく恐ろしいです。

>遅れていく日々になってしまうのが悲しいです
どう言葉をかければいいのやら(汗)
無理をなさらずに…としか言う事の出来ない自分にもどかしさを覚えます…。

>酔っ払いの相手はしたくないなぁ
そうなんですよねー。動きが鈍いだけならまだしも、時にはなかなか動いてくれなかったり暴れたりしますからねぇ…。

>関西弁をしゃべる黒猫
私の手にかかればその黒猫は関西弁をしゃべるどころか煙草を吸ったり、テレビを見たり、社会情勢の討論をしたりするようになるでしょう(笑)

>楽しそうですね♪
所属している人が多い分いろんな人がいるので、すべてが全て楽しいわけではないんですけどね(^^;
ともあれ、うちの職場はノリのいい人などいろんな人がいる職場でして。

>狂犬というか…
や、狂犬の称号は隆之が持っているので…
隆之「あのー、すみませんけど俺の黒歴史を引き合いに出さないでもらえますか」
あ、ゴメン。

>……どこ?(笑)
や、大阪市内にそう言った地名があるので(笑)
ちなみに大阪の淡路は阪急電車の交差駅がある下町です。

洲本はひなびた町だけでなく温泉も有名ですよ。
機会があれば付き合います(^^)

>かじっただけでそれなりのエキスパート
ですねぇ。それが優奈の長所であり短所でもあり(笑)

>いったいどんな状況が発生しているのやら

…ある人物からの依頼で古城を訪れた優奈たち。そこで起こる連続殺人。数百年前城で起こった悲劇の再来とおびえる人々を尻目に優奈はこの連続殺人が遺産をめぐる殺人事件であることを突き止める。優奈の推理で犯人を追いつめるが、犯人は卑怯な手で彩と浩介を人質に取ってしまうのだった…。


不気味なまでに静まり返った広間に響く剣戟の音。伯爵と優奈はサーベルの刃を交えている。華麗に、そして凄絶さを匂わせる剣の舞。そんな中でも二人は余裕を前面に押し出していた。
伯爵「ほほう、君もなかなかのものだねぇ。私の剣を交わすとは」
優奈「いえ、伯爵の腕も大したものですわ。こちらが踏み出そうとしたとたんに先手を打ってこられるのですから」
彩『いや…これは明らかに伯爵が押されてんな』
伯爵の配下に動きを封じられながらも、伯爵と優奈の剣戟を観察していた彩は冷静にお互いの動きを分析する。確かに容赦無く攻め合う二人の腕はほぼ互角と言っていい。しかし、相手の不安を誘う優奈の精神的な攻めやそつなくこなす才能、そして若干の若さが少しずつ、そして確実に伯爵を追い詰めていた。
その状態は時が経つにつれて顕著になり、伯爵の攻撃は次第に鈍くなっていく。
伯爵「くそっ、くそ」
この女…何故こうも余裕でいられるのだ、何故こうも私を執拗に追い詰めるのだ。剣を握ったことのないような顔をしてなぜ何故こうも華麗な剣さばきをするのだ。何故こうも…
伯爵「くそ!くそっ!」
追い詰められた伯爵の剣は次第に雑なものになっていく。そんな剣さばきの中に見えた隙を見逃すほど優奈はお人よしでは無かった。

――――ギィン!

金属音とそれに合わせてくるくると宙を舞う伯爵のサーベル。
浩介「妹さん」
同じく剣の舞を見ていた浩介が彩に声をかける。彩はつとめて冷静な表情で浩介の言葉に答えた。
彩「ああ。勝負…あったな」
彩と浩介、そして二人の自由を抑える部下たちの視線の先には、自分の剣を弾き飛ばされ腕を押さえる伯爵がうずくまっている。その伯爵の顔に剣の切っ先を向ける優奈。その表情は穏やかではあったが、全身からにじみ出る威圧感に伯爵は動く事が出来ない。
優奈「チェックメイト…です☆」
穏やかな笑顔で勝利を宣言する優奈は伯爵にこう言った。
優奈「彩ちゃんとこーすけ君を…放していただけますね?」

と、まぁこんな感じで。

>公開されるのを楽しみにお待ちしてます
どういう風になっていくのかはある程度脳内で組みあがっています。そこからどうやって文章にしていくか悩ましいところではありますが。

>ご意見をいただいて修正しようかと
うーん、髪を結えさせた方がいいかなぁ。あるいは前髪に手を加えるとか。
このイラストの場合髪の毛が長いままだとどうしても違和感が(^^;

>…描いちゃって良いんですか~?(笑)
それはもうフリルの申し子であるブタベストさんのお好きなように(笑)

彩「ちょっと待て!お前マジで言うてんのか?」
何言うてんねや。言葉の割には嬉しそうな口調やったやん
彩「いや、あれはそのぅ…」
優奈「彩ちゃん、自分の言った事に責任を持たなきゃダメですよ?」
彩「あ、あぅぅ…」

そんなわけでやっちゃってください。

>というのは痛いのでやめますが
彩「ほんだら木刀でフルボッコに…」
マジでシャレにならんからやめなさい(汗)

なるほど、ブタベストさんの原点はあの絵から始まったと言っても言い過ぎではなさそうです。

ちなみにカオスサイドは個人的に鈴ルートがお勧めです。
ホント泣けますから。

 

>埋れ木(求肥に抹茶を混ぜた和三盆糖をまぶしたお菓子)
外堀の外にある夢京橋キャッスルロードのお店を回ることが出来れば目に出来たかな、と思います。
いかんせん駐車場が堀の内側だと、暑すぎて外まで歩けない(^^;
それにしてもどんな味のする和菓子なのか…。

>お社の雰囲気もなかなか良いです
辻辻にある小さな神社、というのは何度見ても楽しいんですよね(そんなこと言ってるから爺臭いといわれてしまうのですが…(汗))
たぶん実家の目の前の山の中に小さな稲荷の祠があるから…だとは思うのですが…まだ残ってるのかな?

>でも外出着だと脱がすときに楽しみが無くなりそうな気が
それをどうにかするのが半裸絵描きの腕の見せ所…て、そんな腕ないです(笑)
個人的にはカテリナ制服よりも、あの外出着でのえちシーンを作ってほしかった…。

>優奈「服で固定させると言うのも手かもしれませんよ」
う~ん…さやかさんにはアンミラを一度着せてますからねぇ(^^:
描くとしたら先に左門の制服になりそうです。
…髪を後ろでまとめて、神戸屋の制服…なんてのも良さそう。

>下水のおかげで乗り切ることが出来ますが、キャパシティを超えると…
お、恐ろしい…逃げ場がないのが困りもの、ですね。都市災害のひとつ…と言えるでしょうか。

昨日は大垣市内でも浸水があって(揖斐川近辺)、戦々恐々としつつ…。


>無理をなさらずに…としか言う事の出来ない自分に
どうにかがんばります~。今週は土曜日まで店長不在なので(遅い夏休み)、どうしても負担がかかってきてしまう週ではあるので、気合を入れていきます。
それにしても二度出勤が5日間続くと、もう何時に寝ていいのやら(^^;

>時にはなかなか動いてくれなかったり暴れたりしますからねぇ…
扱いが難しそうで…本当にお疲れ様です。
ブタベはお酒を飲まないので、そういう事態にはならないとは思うのですが、ほかの事でも駅員さんには迷惑をかけないように注意しようと思います(学生時代はブタベが悪いわけでもないのに、武蔵野線の人に面倒をかけてたんで…)。

>その黒猫は関西弁をしゃべるどころか煙草を吸ったり、テレビを見たり、社会情勢の討論をしたり
ではでは早速その黒猫さんに、これからの日本の政治情勢を…なんて(笑)
個人的には、今の日本では、いわゆる指導者としてまともなことをしそうな人は最初から「政治」という道を選ばないだろうな、と(政治家イコール汚職・うそつき・役立たずのイメージなんで)。

>うちの職場はノリのいい人などいろんな人がいる職場でして
その辺はやっぱり関西だから…なのかな?
夢咲の交通局のイメージからも一端が覗けますね~。

>や、狂犬の称号は隆之が持っているので…
あー、そういえば、以前に聞いたような…。狂犬と猛獣…恐ろしい組み合わせ(笑)


>や、大阪市内にそう言った地名があるので
淡路島の人が、昔、本土に移ったのかしらん。

秋のころにでも淡路島にぜひ行ってみたいですね。温泉…いまだに下呂にも行けてない(涙)

>それが優奈の長所であり短所でもあり
短所でもあるんですね(^^;
本人がそれを分かってるのかどうか、微妙なところですが…。

>…ある人物からの依頼で古城を訪れた優奈たち
またいきなりコナンばりのすごい展開が(^^;
この先生はいったいどこまで極めるのやら…。なんとなく桜野タズサの剣士の衣装を着たときのイメージに近いのかも(小説の何巻か忘れてしまいましたが…)

>優奈「チェックメイト…です☆」
…神風怪盗?(笑) ああいう衣装も似合わないでもなさそうですが…先生の場合、ジャンヌの紅白の巫女衣装よりは、堕天使版フィン・フィッシュの黒を貴重としたほうが似合いそう、かも。

>このイラストの場合髪の毛が長いままだとどうしても違和感が(^^;
三人娘の改訂版確認いたしました。これで問題ないと思います。それにしても、真菜の服はもうちょっと可愛く描いてあげたかったなぁ、と。

>それはもうフリルの申し子であるブタベストさんのお好きなように
ま、まぁ、ゴスロリというほどにはフリルを描くつもりはありませんので~(疲れますし)。
それにしても、ニューバージョン彩さんのイメージを脳内に固定するのがなかなかに難しく…(どうしてもショートで考えてしまう)。

>なるほど、ブタベストさんの原点はあの絵から始まったと
彩菜の髪の長さはまんま桜庭真理のイメージですね。ちょいあは今考えてもやっぱり思い出深い作品です(初めて予約して買ったPCゲームだったので)。

>ちなみにカオスサイドは個人的に鈴ルートがお勧めです
うむむ、これは面白そう…と言うか、VISTAで起動できるのかどうかが問題(^^;

 
 
  • « new
  • Home
  • old »