05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

04/10

Canvas sideshortstory『もう一人の藍、もう一つの愛』 by 早坂充様

Category :
移転後三つ目のエントリーに、早坂充様から移転祝いにCanvas NAKED BLUEのショートストーリーを頂きました!

s-藍トップ

この絵の通り、メインヒロインは鷺ノ宮藍になります。

実は、早坂様に祝辞とともに『なんかお祝いいる?』と訊かれてしまったので、餌をねだる犬がごとく『Canvasの藍ちゃんのお話がほしい!!』と言ってしまったのが真相です(笑) 

そしてそれをちゃんと書いてくださる早坂様…本当にありがとうございます。ワガママな絵描きで済みません。ここの所、美咲彩を描いてたんで、もう一人のお気に入りの後輩である藍ちゃんを描かずにはいられなかったんですよね<マテ (ブタベのSSリクエストはそのほとんどが『そのキャラの絵を描きたい』という欲につながっています)

というわけで、ちょっと時間がかかってしまいましたが、さっそく藍ちゃんの絵も出来上がりましたので、公開させていただきます。(続き)以降にちゃんとした絵があるんですが、トリミングしなければいけない絵になる文章を書いてくる辺り、早坂様もツワモノです。それに乗って描いてしまうブタベもブタベですが…。

というわけで前置きが長くなってしまいましたが、藍ちゃんのお話です。一応18禁ではないはずですが、18禁ということでお読みください。早坂様のお話らしく、もちろんあの娘さんも出てきます(^^)


【Canvas NAKED BLUE sideshortstory 「もう一人の藍、もう一つの愛」 by 早坂充様】

お兄様?
 被写体を見る。
 そこにいるのは俺の愛する人、一糸まとわぬ姿で座ってくれている。
 なだらかな身体のラインを惜しげもなく披露してくれている。
 少し上気している顔、恥ずかしそうにしているけど、その瞳は俺を
 まっすぐ見つめている。
 その姿を見た俺はすぐに傍らのキャンバスに視線を動かす。
 そこには描きかけの絵がある。
 頭の中に刻み込まれた美しい身体を、このキャンパスに描き止めていく。

s-藍2008


・・・お兄様?
 ・・・ただひたすらキャンバスに炭を走らせる。
「お兄様!」
「え?」
 気付くと俺の目の前に被写体の、俺の一番愛しい少女、藍が立っていた。

「もぅ、お兄様。集中しすぎですわ」
「ごめんごめん、呼ばれてることに気付かなかったよ」
 確かに集中しすぎていたようだ。
 俺はふっ、と一息れる。
 一息入れて集中がとぎれたとき、俺は今の状況に気付いた。
 目の前には一糸まとわぬ姿の藍がいる。
 さっきまでの座っていたポーズとは違う、全てを俺の目の前に現している。
「・・・そ、それで何かな?藍ちゃん」
 俺は咄嗟に目をそらして藍ちゃんに問いかける。
 呼ばれたのだから何か用事があるのだろう。
「え? あ・・・」
 突然困ったような顔をする藍ちゃん。
 困ったと言うよりとまどっているような感じだった。
「その・・・ごめんなさい、お兄様」
「? なんで謝るんだい?」
「私のわがままで絵を描いていただいてるのに、中断させてしまって・・・」

 藍ちゃんの絵を描くきっかけは単純なものだった。
 いつもお世話になってる藍ちゃんにお礼がしたいと思い、そのことを話したら
「私のありのままを・・・描いていただけますか?」
 そう言われた。
 絵を描くのなら俺の分野だし、簡単に承諾した。
 実際描くときになったら、藍ちゃんはいきなり脱ぎだした。
「私はありのままを、そうお願いいたしましたわ」
 俺の部屋のベットの上で一糸まとわぬ姿になった藍ちゃん。
 最初は戸惑ったけど見慣れている藍の裸身をこうしてみると創作意欲が
 沸いてきた。今のこの輝いてる藍を絵にしたい、と。

「いや、藍ちゃんは悪くないよ。集中しすぎて休憩のことを忘れてた
 俺の手落ちだから」
「いえ・・・違うんです」
「違う?」
「・・・」
 藍ちゃんはうつむいてしまった。
 絵のモデルをしてもらってる藍ちゃんが悪い事なんて何一つ無いはず。
「藍ちゃん・・・」
「お兄様、私、嫉妬深い女なんです」
「え?」
 嫉妬深い?
「私、お兄様の事が大好きです! お兄様にずっと見ていて欲しいんです
 それなのに・・・私、嫉妬してしまいました」
 俺はずっと藍ちゃんを見ていたはずだ。一体誰に?
「お兄様が私を見てくださる視線を浴びて私はすごく愛されてるって
 感じました、でも・・・今は半分しか見てくれないって・・・」
「半分?」
「はい、残りの半分は、キャンバスの中の私・・・」
 ・・・ということは
「私は、キャンバスの中の私に嫉妬してしまいました。なんて愚かなの
 でしょう・・・」
「藍ちゃん・・・」
「私のわがままで描いてくださっているのに、絵に嫉妬するなんて」
「藍ちゃん!」
「んっ!」
 俺は目の前に居る少女を抱きしめた。そして口づけをする。
「んっ・・・あふっ」
「ごめん、藍ちゃん。寂しい思いをさせちゃって」
「お兄様・・・私のこと軽蔑されましたか?」
「そんなことないよ、可愛いすぎて我慢できなくなりそうだよ」
「お兄様!」
 今度は藍ちゃんの方から口づけをしてきた。
 さっきとは違ってお互いの口の中を犯すような、そんな深い口づけ。
「あん・・・お兄様、お兄様のが当たってますわ」
「魅力的な藍が、俺の腕の中にいるんだから当たり前だよ」
「それでも先ほどは何も感じてなかったようですけど?」
「・・・藍ちゃんは意地悪だな」
「意地悪で、独占欲が強い女は、お嫌いですか?」
「関係ないさ、俺が好きなのは藍だから・・・だから、いくよ?」
「はい、私もお兄様だけですわ・・・来てください」



「あんた達、私が出かけていないからって昼間っから・・・その・・・
 少しは自重しなさいよ!」
「なんでだ? 恋」
「そうですわよ、恋ちゃん。私たち愛し合ってるだけですわ」
「だーかーらー、それをどうにかしろっていってるの!」
「何故?」
「そうですわよ、恋ちゃん」
 ・・・ダメだ、この二人に言うだけ無駄っぽい。
「はぁ・・・」
「ため息をつくほど幸せが逃げるっていうぞ、恋」
「何か悩み事でもあるんですか、恋ちゃん」
「この不条理のはけ口、どこかにないかしらね・・・」
「そうですわ、恋ちゃん。良い案を思いうかびましたわ!」
「なに、藍」
「今度は3人で愛し合いましょう!」
「ななな、藍、何を言ってるの!」
「私はお兄様を愛してますし、恋ちゃんも愛してますわ。
 だから一緒に愛し合いましょう!」
「ちょ、ちょっと! 大輔も何とか言いなさいよ?」
「藍が良いっていうなら良いんじゃないか?」
「・・・」
「あんなに気持ちが良い事ですもの、恋ちゃんにも気持ちよくなって
 欲しいですわぁ」
「・・・もう、この二人どうにかしてよ!!」



苦労性の義妹は大変ですね(苦笑) というわけで、オチは恋ちゃんでした。ところで、早坂様、この続きで三人で…というのはありませんか?(えー

ちなみに、Canvasのビジュアルファンブック(エンターブレイン刊)では藍ちゃんのスリーサイズが分からなかったので、胸の大きさは適当です(^^; Naked Blue以降か、DVD版以降かのファンブックがほしかったです(涙)

さて、彩、藍ときましたが、次のCanvasヒロインはどうなるのやら(笑) ずいぶん前のソフトのはずなのに、ブタベの中ではまだまだ現役です。今も昔もブタベにとってスタンダードになってるソフトなんですよね~。

※今回の絵は、特にぼかし・修正は入れてませんが、誰かから注意が来た場合は差し替えます。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »