05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

06/28

【『夜明け前より瑠璃色な』 Short Story 「さやかとの初めての朝」 by やまぐうさん】

Category :
レイヤーを一枚加えました(笑)
下のエントリーのさやかさんに何を着せようか、色々と考えたのですが、(続きへ)以降に掲載させていただいたやまぐうさんのさやか文章を頂いた瞬間、『よし、裸ワイシャツにしよう!!』と決まっていました(笑) や、文章にそういう記述があるわけではないのですが、しばらくこのネタを描いてなかった(はずな)ので、描いてみようかと。

#最後にこのネタで描いたのって…誰でしたっけ? フィーナだったらものすごく前になりますが…う~ん?

というわけで、さやかさんの絵に合わせてやまぐうさんから文章を頂きました。胸を大きく描きすぎたかなー、と思ったのですが、それをうまく使っていただく辺りさすがやまぐうさんです。本編とも一味違うさやかさんをぜひぜひお楽しみください♪




【『夜明け前より瑠璃色な』 Short Story 「さやかとの初めての朝」 by やまぐうさん】

 ぱちっと目が開く。直前のちょこんという軽い振動は、おでこをはじかれたもの。
「起きた?」
 覗きこんでくるのは、さやか姉さん。姉さんがすぐそこに、姉さんの白く輝く肌がすべてそこに、姉さんは服を……。

s-さやか8


 まぶたを持ちあげたときには眠気が残っていた。でももう眠気なんか微塵もない。まぶたは落ちない。落としたらもったいない。色気むんむんの全裸姿に目と意識を奪われ、ごくっと生唾を呑む。
「おはよう」
「お、おはよう。姉さん」
 優しい声に、上ずった声でそう答えたとたん、姉さんの表情が曇る。
「こら。違うでしょ」
 ぷっと頬をふくらませ、じっとこっちを見てくる。俺はどぎまぎしかけて、今の自分を意識する。今いる場所を意識する。
 そうだ。ここは満弦ヶ崎にある家じゃない。ホテルの一室。俺がまだ身を横たえているのはスプリングの効いたダブルベッド。
 昨日俺たちは結婚式を挙げて、みなに祝福されてから、ハネムーンへ出発した。目の前にいるのはもう「姉さん」じゃなくて、俺の「奥さん」。
「おはよう、奥さん」
「おはよう……。ふふ、変な感じ」
 まだ数回しか使っていない、呼びかけの言葉。奥さん本人だって、まだ慣れていない。恥ずかしそうに目もとを染める。
 それよりは慣れているはずの言葉で、あらためてあいさつを。
「おはよう、さやかさん」
「こら。それなら、『さん』はいらないでしょ」
 笑いながらの叱り声。俺はほっぺたを指でかき、ひとつ深呼吸した。
「おはよう……さやか」
「おはよう……達哉」
 窓を通して差しこんでくる朝の光のなか、思いっ切り照れ臭くなったが、こうして名前を呼びあって、新たな関係を結んだ喜びが体中を駆けめぐる。
 さやかが顔を寄せてきて、唇に唇をはじかせてきた。甘いキスを味わってなお俺は大胆ポーズを目で楽しみ、すっと手を伸ばしてふくらみを握った。
 ずっしりとした重み。みっしりと詰まった柔肉。
「あん。朝から、いたずらするのね」
「さやかが誘惑するからだ」
 俺の言葉に羞じらい、それでいて身をしなやかに反らせて魅惑的なバストをいっそう誇張する。
 力を入れて握り、喘がせる。ゆるめて、素敵な弾力を確かめる。ピンと屹立した乳首を手のひらでこすって、熱い息を吐かせる。
「大きくなったよね」
 まだ「姉さん」だったときにも身を重ね、揉んだり舐めたり吸ったりしてる。そのときと比べて、明らかに大きくなっている。いずれ授かるはずの赤子のために肉体が変化しているに違いない。
「大きくしたのは、達哉」
 蠱惑的なささやき。妖艶な身じろぎ。こんなにも媚びてくるのは、「姉さん」でなく「さやか」だから。俺といっしょになったさやかだから。
 昨晩、夫婦としての初夜。さやかは嬉しさにぽろぽろ涙を流し、俺も感動に震えながら肌を重ね、なんども性器を突き立て、繰りかえし迸らせた。熱いスペルマを子宮にたっぷり流しこみ、こぼれたらまた流しこんだ。あれだけ激しくまぐわったのだから、受胎が起こっていてもおかしくない。
 頑張りすぎて、さっき指でおでこをはじかれるまで俺はぐっすりと眠っていた。そのあいだにさやかはシャワーを浴びたようだ。きめ細かい肌が濡れ光り、髪にも艶がある。うっすらとソープの芳香が、肉感的なヌードから香ってくる。
 起きたばかりで、欲望がめらめらと燃えさかってくる。あれだけ大量の精を放ったというのに股間は猛烈な朝立ちをしている。無意識の生理現象にプラスして、新妻の妖艶なヌードを見ているのだから当たり前。
 胸を離す。細い手首を握ろうとして。
「今から、いいわよね」
「あっ!?」
 引っぱりこむまでもなく、のしかかられていた。この部屋にチェックインしてもつれあったときと同じく、上気したさやかの顔が真上にある。目線をちょっと下げれば、豊満バストがはずんでいる。ごくっごくっと、たくさん湧いてくる唾液を連続して嚥下する。
「欲しいの。欲しくてたまらない。達哉く……達哉の奥さんになって、もうなにも我慢しなくていい関係になったから、抑えられないのっ」
「そうだよ。姉さ……さやかも俺も我慢しなくていいんだ。結婚式が終わって、ハネムーンに来て、いくらでも、なんだって……。いっぱいしよう。そして俺たちの――」
「「赤ちゃんを」」
 ふたりの声がハモった。
 笑顔を見合わせて、さやかからキスを浴びせてきた。唇をぴったりと合わせて息を吹きこみあい、舌を濃密に絡めあうと、彼女が身をずらして、豊かな胸を顔に押しつけてくる。
 やがて生まれてくるはずの赤子のために大きくなっている乳房を、今は俺が好きなように貪り吸う。舐めしゃぶるたびに放たれる、さやかのあられもない声にも煽られて、俺の股間はいつ爆発してもおかしくないくらいみなぎっていた。




新婚一番の朝、なんとも艶かしいお嫁さんです(^^) 達哉に対して押し気味なさやかさん、というのも新鮮ですね~。

やまぐうさんの書くさやかシナリオアフター、というのも珍しいのですが、ブタベの中の『やまぐうさんの書くさやかさん』は、フィーナと達哉のらぶらぶなお話の中で、困ったようにため息と苦笑いを見せているようになってしまっていることに気づいた不思議(笑) そういうさやかさんも好きなのですが~。



一番上のさやかさんは、下のエントリーのものに比べて目の描き方を変えたのですが、やっぱり『艶(つや)』は出てこないなぁ、と。ブタベの絵にそれを求めてもしゃーないような気もせんでもないですが(どこの方言か)。

絵を描くことは、何年経っても難しく、かつ楽しく。『線と曲線』の課題は昔も今も変わらず(やや古いネタですが)。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

まったくもってけしからんですな(笑)
イラストを見てるとやまぐうさんの小文が引き立ち、やまぐうさんのお話がイラストを際立たせて…いい補完関係になってます。

>どんどんテンションを上げて彼氏を振り回しそう
そしてテンションを上げすぎて自滅してしまうと言う…個人的にはそんなイメージがわいてきました(笑)

>優奈絡みなんですね(苦笑)
前のレスを書いている時点ではそれしか思いつきませんでした(汗)
東の天才少女と西の探偵教師…ある事件をきっかけに対決していき、その末に転校してくる…と言うのも面白いかもです。

>上から見ればやる気が無いように見えて
そう見られているのはやはりつらいものがありますよね…。
もう少し部下の事を考えてくれる上司だったらこの状況も少しはまともになるのかな…と、思ってみたりするのですが…。

>テンポが良くて読みやすいので
ううむ、ブタベストさんをここまでとりこにさせるお話なのか…。
ホントに読んでみる必要がありそうだなぁ。

>甘ロリ方向のお洋服を着せてみるとか
そんな事になればおそらくフリルを描く時点で発狂する事になりましょう(苦笑)

さな子「や、さすがにゴスロリ系は…」

>あの当時ではかなり
確かに(^^;
改めて拝見するとやっぱりえっちい感じがします。

>禁断の道に踏み込んでしまったとか

瑠璃「さぁて…どうなんでしょうねぇ(ニヤソ)」
彩「ま、まさかアンタ…血が繋がって無いのをいいことに瑠璃ちゃんと…」
隆之「な、何の事だっ、いくら血が繋がっていないとはいえ妹に手を出すなど…って、なんだその馬鹿デカイ剣はっ」
彩「…しんじゃえ」
隆之「いーーーやーーー!!!!」
瑠璃「…なーんてねっ☆」

修羅場になってしまった… ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
瑠璃…恐ろしい子!

>今回の真菜の絵がお役に立てれば何よりです
改めてPSDありがとうございます。
まずは色塗りからやっていこうかと考え中です。

>早速あの敵陣地に単身で突っ込んじゃってください
また無茶苦茶な上官だ(汗)
なんだか小文のアイディアが浮かんできそう(^^;

>お兄さんと一緒なら

彩「貴様まさか…」
隆之「行くわけないだろっ!つか、捕まるだろがっ!って、また馬鹿デカイ剣を持ってるしっ!」
彩「その身体、半分にしたるっ!」
隆之「いーーーやーーー!!!!」

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

>先輩している瑠璃ちゃん…見てみたいかも
先輩になってるからちょっと成長してるかもしれませんね(^^)
顔立ちとか、他にも…

瑠璃「他にも、なあに?」
イエ、ナンデモアリマセン…。

 

>まったくもってけしからんですな
や、そんなこと言われましても(笑)
補完関係、というのは嬉しい評価です。今後もやまぐうさんを萌やせる(?)絵を描けたらいいのですが…(^^;

>そしてテンションを上げすぎて自滅してしまうと言う…
暴走自滅ヒロインは見ていて楽しそうですね~。そして彼氏君に八つ当たりしそうですが…。


>東の天才少女と西の探偵教師…
なんか、どこぞの『コナン』を思い出してしまうのですが(苦笑)
その行く先には血の雨の降る現場が…

 少女「むむ…現場は完全に血の海ね…これはなかなか難しい謎だわ」
 優奈「スイカ割りの行われた砂浜で唸られましても」

どこか空回りしそうな西の天才少女?
きっとまた香澄や大樹あたりが苦労するんだろうなぁ、と思いつつ(笑)

>もう少し部下の事を考えてくれる上司だったらこの状況も少しはまともになるのかな
多分その上司も、上に対して同じことを思っているんだろうなー、と思わないでもなく(^^;
まぁ、その辺はどこの会社も同じだとは思うのですが…。

>ホントに読んでみる必要がありそうだなぁ
ふむ、では合宿の際に二冊買っていってひでやんさんに押し付けてみましょうか<マテ
1巻の最初の2章を読み終えればなかなか楽しくなって…くる?と思います。
冒頭はまぁ…今のご時勢で言えばなかなか微妙な展開なので(を

>おそらくフリルを描く時点で発狂する事になりましょう
えー、ひでやんさんもフリルを描く麻薬的な楽しみに目覚めましょうよー。

>改めて拝見するとやっぱりえっちい感じがします
あの当時なら描ける絵、という感じもしますね…今だったらああいう大胆な絵は描かなそう…?

>瑠璃「…なーんてねっ☆」
く、黒いよ、妹が黒いっ!!? でもそんな瑠璃ちゃんも可愛い…。
#この性格が隆之&彩が正式に付き合うようになってからだったら(Side-A以降という感じ?)…う~ん。

>まずは色塗りからやっていこうかと考え中です
あの制服の上着の微妙な色を出せるかな~~、とちょっと面白がってみたり(笑)
でも、今回一番面倒なのはやっぱり靴かな、と。そのまま採用になると思ってなかったのでいい加減に描いてるんですよね(^^;

>また無茶苦茶な上官だ
優奈「『規制』に触れなければ大抵のことは問題ありませんから(にっこり)」
彩「どんな『規制』やっちゅうねんっ!?」
優奈「では、彩ちゃん♪」
彩「今度は何や…」
優奈「あのバーゲンセールのおば様方の密集地に飛び込んで、一番良いワンピースとってきてくださいっ!!(はぁと)」
彩「いきなり現場がかわっとるっ!!? しかも命令が微妙に無茶やし!?」
優奈「さぁ、れっつごー!!」
彩「できるかぁあっ!!!」

>顔立ちとか、他にも…
いったい瑠璃に何が起きたんだろう…。
#初めてお姉さん気分を味わって楽しんでそうな感じですね~。

メールの件。
関西で問題ないですよ~。大大阪…戦前だと、大阪始め、地方都市も今の東京と見劣りしないくらいの輝きがったんですよね、そういえば。
仕方ないとはいえ、都鄙(都会と田舎)の差が広がってしまったのが戦後の政治経済の最大の問題ですね。

帰郷自体は結構いい加減に考えてるので、日程は特に問題ないです(月末近くのワンフェスに行こうか考え中)。
来週辺りに、叡山電鉄でも乗りに行こうかなぁ、と(晴れの日を選んで、ですが)。

唯センセの服についてはあのような感じで締めてよろしいでしょうか?
武術…ブタベがその選択肢で選ぶと空手、ですかねぇ…まさか実家が道場とかではないと思うのですが。
どんどんつばさ台の教師陣が普通じゃなくなっていく(笑)

 
 
  • « new
  • Home
  • old »