05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

04/24

【Canvas ShortStory 恋&藍「淫靡な重なり」 by やまぐう様】(18禁)

Category : いろいろ
s-名称未設定 1s

先日の恋&藍 SS「三人で愛しあおう」 (18禁)のあと、やまぐう様から別の形のお話を頂きましたので、掲載させていただきます。

個人的にはCanvas・Naked Blueの藍シナリオの正しいエンディングの一つだと思いますが…はてさて、皆様はどう読みますか?(^^)




【Canvas ShortStory 恋&藍「淫靡な重なり」 by やまぐう様】(18禁)

s-恋・藍2008b

「もう、大輔ったらまたこんなエッチなことをさせる」
「うふっ。お兄様ァ……」
 上になった恋はムスッとした顔をし、下で脚を大きく開く藍はすっかりと蕩けて男を求めている。表情の差は性格の差か、これまでの愛撫による昂りの差は、はたまた正常位と後背位という体位の差か。
 美少女ふたりの淫靡な重なりを見つめる大輔の頬はゆるみっぱなしだ。
 表情も肉体も、両者のコントラストがまぶしい。上下それぞれ曝け出されている淫らな割れ目は男の肉欲を猛烈にそそりたてる。
「恋も藍ちゃんも、可愛いよ。ふたりともここはエッチだ」
 大輔は手を伸ばし、上の秘裂をなぞって下の秘裂も撫でる。「んっ」と恋が息を呑み、「はあぁ」とほてった息を藍が吐く。
 二種類の恥液に濡れた指を鼻先に持ってきて淫臭をたっぷり吸いこんだ。ぺろっと舐めて甘酸っぱい味もみてから、命じる。
「オマ×コを、ふたりでこすってごらん」
 すぐにでも挿入したい気持ちもあるが、ここは女同士でもっと乱れさせたいという思いのほうが勝った。
「……こう?」
「はふん。恋ちゃんが、当たってますわぁ」
 兄の卑猥な命令に恋は眉を顰めつつも、腰を下ろして秘丘を藍の陰阜に重ねあわせた。藍は情感に瞳をうるませ、小さく腰を前後に揺すった。
「んっ。な、なんか、感じちゃう」
「うふっ、ふあん、わたくしもですわ。恋ちゃんと感じることができて、はふン、ああっ」
 艶かしい声を響かせ、親友同士、息もばっちりに恥丘を擦りつけあう。恋の顔も淫らな色に染まってきて、細腰をせっせと蕩揺し、秘裂の摩擦による快感を追及する。
「これで、どうでしょう?」
「きゃっ。あ、藍」
 恋の腰の軌道に対し、藍はわずかに下腹を起こして角度をつけた。ちょうど恋の秘豆がぶつかり、過剰な性電気が駆け抜ける。
「こういうふうに、こすれば」
 藍は陰唇だけでなくクリトリスもこするように体勢を工夫する。
 強烈な刺激に視界が真っ白になったものの恋もすぐに藍の狙いを悟って位置を合わせる。
「こう、よ」
「んふうううッ!」
 恋が勇ましくぶつかっていき、今度は藍のクリトリスが強くこすりたてられた。あお向けでいる少女は鮮烈な淫楽におとがいを反らせ、生々しい声をあげてしまう。恋にも再び電気パルスが流れたが、一度味わったあとだけに膨大な快楽をしっかりと吸収することができた。
「すごい、すごいです」
「うん、うん。こんなに、気持ちよくなれる」
 クリトリス摩擦に夢中になり、ふたりの腰がくねくねと淫らに揺れる。強烈な快美だけで単調にならないよう、肉溝での快楽も織り交ぜて美少女ふたりがはしゃぐような淫声を響かせる。
 ほったらかされた大輔は唇を尖らせ、にやっと笑っておもむろに近づき腰をかがめた。揺れ動くヴァギナをペニスの先でちょんちょんつつく。
「ひゃん」
「あっ」
「ほらほら、気にしないで、ふたりとも気持ちよくなってよ」
 言葉の中身とは裏腹に、いじけた調子が混ざっている。大切な恋人を置き去りにしていたことに気づき、恋も藍も頬を赤らめた。
 なおも恥部をこすりあわせるものの、おとなしくなってしまう。その合わせ目をペニスの切先が煽るようになんどもつつく。
「んっ、ああっ」
「なんか、不思議な感じですわ」
 女同士の摩擦は弱まっているのに、熱い肉棒の刺激によりヴァギナがなかまでカッと燃えあがる。湧き出る淫蜜の量が増して、ヌチュヌチュと粘着質な音が鳴る。
「藍ちゃんは気持ちいい?」
 ペニスを下向きにして藍の溝をさする。恥蜜に浸すように亀頭を滑らせれば、
「はっ、ああっ。い、いいです。お兄様ぁ」
 藍は甘えたっぷりの声をあげ、小刻みに臀部を揺すりたてた。
 しばらくして、大輔はペニスを反りかえらせて上を狙う。
「恋はどうかな?」
「やン。そこ、ああっ、し、痺れちゃう」
 肉裂に沿って強くこすられ、恋は藍に負けない甘えを声に含ませて、よがり泣く。
 下から見上げる藍はにっこりとほほえむと、「恋ちゃんたら」と小さくささやいて手を伸ばし、お椀型の美乳をそっと握った。
「きゃっ」
「胸でも感じてくださいな。恋ちゃん」
 いたずらっぽくウインクして、優しく揉みたてる。
「ずるいな、藍ちゃんは。恋は腕をついてるから揉めないじゃないか」
 大輔が同じくいたずらっぽい目で応酬し、恋の代わりに手を伸ばして藍の乳房を包む。
「きゃっ。わ、わたくしは」
「藍だって胸で感じなさいよ……んあッ」
 秘部をペニスの先でこすられ、乳房を揉まれて恋が悶える。
「んっ、ああっ、お兄様。そ、そんなに強く揉んだら、アアァン」
 大輔は男の力で乳丘を捏ねまわすように揉みたて、藍を昂らせる。
 ペニスは交互に少女を突きこすり、ぐんぐんと性感を高める。
「んんーッ。あっ、ああっ。ね、ねえ大輔。もう、もう、切ないよ」
「あはァん。わ、わたくしも切ないですわあ。く、ください」
「「なかに」」
 美しく可憐な少女はふたりとも胸揉みに感じ入り、秘部をこすられて高まりきっていた。本当に欲しいものを求め、声を揃える。
 ここまで来て、なかへ入れるのは大輔も望むところ。
 しかしとろけた女性器はふたつ。ペニスは一本しかない。
 どっちへ先に入れるか迷った大輔は、決められないまま腰をせり出した。
 亀頭に触れたのは、恋の秘唇。
「よし」
 わずかに腰を引いて角度を合わせなおし、力強く送って恋の膣内へ挿入していく。
「あん。こ、これ、おっきい、おっきいよ大輔ぇ」
 恋が幸せいっぱいの媚声を漏らしたが、ペニスはすぐに抜けて藍のなかへ。
「ああぁ、お兄様の、大きなモノがいっぱいに、はあぁ」
 藍の艶かしい声が響き、でもペニスは再び上の穴へ。
 大輔は一往復、せいぜい二往復しただけで挿入する相手を替える。そうでなくては、入っていないほうが寂しがると思ったから。
「はふん。恋ちゃんに今入ってますわぁ」
 恋を突いているときに藍が嬌声をあげる。
「ふふっ。藍のなかで大輔が動いているのがわかるよ」
 大きな振幅で藍を貫いているときに、恋のうっとりした声が通る。
 ふたりは挿入される今になっても秘苑をこすりあわせていた。ペニスでふくらんだ陰阜を感じることで、相手が得ている快楽を自分にも吸収している。
 直接入れなくても少女たちが感じていることに気づいた大輔は、抽送にバリエーションをつけて責めはじめる。
 恋のヒップを鷲掴みにすると、上から押しつけて藍の秘丘に強く重ね、ぐいぐいと突き入れる。
「ひっ、な、なにこれっ」
「やあっ、恋ちゃん、ああっ、お兄様の、す、すごく強くて、はあッああッ」
 ふたり同時に従える突きこみでよがらせてから、今度は藍の膣穴に浅めに差し入れ、小刻みに腰を揺する。
「やん、もっと奥まで来てください」
「んはァ。根元で、こすれて、ああっ、大輔、感じるよっ」
 入れられた藍は少々物足りず、入れられてない恋は恥唇を竿でこすられて陶酔する声をあげる。
 藍の求めに応じて深く挿入すると、反りかえるような軌道の抽送で責める。藍のお腹のなかから恋の割れ目を突きあげるような軌道だ。
「はふっ、あああっ!」
 ひときわ感じ入った声があがる。ずっと突っぱって上体を支えていた恋の腕から力が抜け、伏せてしまった。
「恋ちゃん……」
「藍ぃ……」
 豊かな胸同士がくっついて、わずかにつぶれる。陶酔した顔が迫って自然に唇が重なり、ねっとりと絡みあう。美乳もこすりあい、お腹の肌も擦りあわせている。太もももぴったり合わせ、存在をひとつにするように睦みあっている。
 大輔は抽送のペースを落とし、ふたりの脇腹をそっとくすぐった。
「んふ」
「あふぅ」
 うっとりとした吐息がひろがる。膣からひろがる快感とは比較にならないくらい小さな快感だが、愛する人が触れてくれるという幸福感はずっと大きい。
「いいよな、三人でいられるのって」
「まったく贅沢よね、大輔は」
「うふ。わたくしだってお兄様とも恋ちゃんともいっしょにいられますから、贅沢です」
 ピロートークに興じ、今幸せであることを揃って確める。
 大輔は脇腹だけでなく、首筋や髪をくすぐる。美少女ふたりの吐く息が甘く熱くひろがり、三人の体を包んでいく。
 至極の幸せに溺れているうちにもペニスは動いていた。大輔の性欲が徐々に息を吹きかえし、腰往復が激しさを増していく。
「ああっ、もう、もう」
「わたくし、も……んんっ」
 交互に突いているにもかかわらず、恋も藍もエクスタシー寸前まで官能が昂っていた。どちらの膣穴もきつく締まってきて、ペニスを抜いて入れ替えるのに大輔は一苦労。
 器用に責めている大輔も、ボルテージが頂点に達しようとしている。どのタイミングで、どういう形で決めるかを、熱くなった頭で考えている。
「……こうだ!」
 閃いたとたん、スポッと抜けたペニスをどちらにも入れず、秘裂の狭間に滑らせた。
「きゃああっ!」
「あああーっ!」
 剥き出しのクリトリスを亀頭が強くこすり、甘美な衝撃で恋も藍もイッてしまう。
「俺も、イクっ!」
 恋の膣へ即座に突き刺し、奥に一番搾りをビュクンと打ちこむ。そこですぐペニスを引き抜き間髪いれず藍へ突き刺し、ビュクッビュクッと迸るままに残りを注ぎこむ。
「ハアアァッ。入って、熱いのが、奥を、おっ、ああぁ」
 熱い樹液を子宮口にかけられて、藍はさらなる高みに昇った。恋は目を閉じ、触れあっている藍の体の震動を気持ちよく受けている。


「藍のほうがいっぱいもらったよね」
「お兄様は恋ちゃんのなかでイキましたわ」
 気持ちよさそうに下腹を撫でさすっている藍を見て恋が羨みの文句を吐けば、藍もすぐに言葉を返す。激しい時間が終わってせっかくの安らぎのときなのに、大輔は少々居心地が悪い。仲良しのふたりは本気で争っているはずはなく、不満を持ち出して大輔に甘えているだけなのだが。
 大輔は恋の頭をぽんと撫で、藍の髪を優しくいじりながら。
「じゃあ、次は藍ちゃんのなかでイッて、恋のなかにいっぱい出すことにするよ」
「むー、それもなんか物足りないのよね」
「恋ちゃんたら、贅沢です」
 藍の言葉に、てへっと可愛らしく舌を出す恋。そんな妹の頬にキス。もちろん藍の頬にもキスをして、大輔はふたりを同時に抱きしめた。恋も藍も嬉しさいっぱいの顔をして、抱きかえした。



ちなみに、今回は一番上の絵があって、お話が出来たのですが、当初、絵はあまり考えずに描いていたので(未公開予定でした)、お話が付いて一番びっくりしているのはブタベだったりします(^^; まぁ、えちシーン絡みで、ブタベが二人いっぺんの絵を描くこともそうないので、笑っていただければ幸いです(笑)

それにしても、オシリのラインを描くのはやっぱり難しいなぁ、と。



最近、Canvasのお話や絵を多めに公開しているのですが、正直、どれほど需要があるのかなぁ、とやや悩んだり。

もちろん、絵描きブタベや、お話を書いていただいているやまぐう様・早坂様は楽しんでやっていることなのですが、ニュースサイトさんに捕捉される確率は下がり、実際そのエントリーへのアクセス数はそう多くありません。アクセス数だけ考えれば、そしてそのエントリーの内容がみんなに知られるのが目的ならば、旬のソフトをネタにしたものの方がいいですよね。

まぁ、この辺は時々出すオリジナルの絵や、『好きなソフト』にこだわるブタベのことなので、このブログはそういうものなのだろう、と思っていただければ、と思います。『自分の好きなもの』を掲載できる、というのもとても幸せなことなんですよね。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 
 
  • « new
  • Home
  • old »