05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

11/04

なくした自信はまた拾えば良い

Category :
そうは言っても、そう簡単に回復できないから困り者なのですが(^^;

というわけで、今日は(一部の方にはお話してますが)都合で代々木まで出かけてきました。…思いっきりしくじって凹んで帰ってきましたが…。今まで、まったくそうした訓練(というか経験)をしてないんだから、自分が思ってるよりもレベルが低いのは当たり前なんですよね、うん。

とりあえず、今はレベル1から始めて、最初のリスタートライン。結果はどうあれ、電車賃だけでひとつ『訓練』をさせてもらえたんだから良しとしましょう。精神的にはつらいけど、避けて通れる道でもないですし。今はまだ、こうやって動けるだけで感謝、かな。

湿っぽいのか明るいのかよく分からない文章ですみません(ぺこり)。

#このブログを読みに来ている方は、こういった内容を期待されている方はまずいないと思うのですが、個人ブログですし、記録にはなるかなー、と思い記述してます。

凹むことも多いですが、大宮やら、都内やらまで都合で出かけるのは非常に刺激になるので、あきらめずに頑張っていきまっしょいっ!! ということで。



s-かなで22A
らくがきかなでさん。このチェックのジャンパースカートなかなでさんは秋によく似合いますね(^^)

時間が無かったので30分で描きました…って、時間に追われる絵って、結構久しぶり?

明日辺りから原稿に集中するとします。ちょっと絵の更新、減るかも。



022.jpg
こちらは昨日のコスカに向かうときの、地元ローカル線の車窓から撮った富士山。子供のころは、『何で埼玉から富士が見えるんだろう…』とずっと不思議でなりませんでした(新宿辺りの高層ビルが邪魔すると思ってた<縮尺の関係で間違ってたのですが)。

今はめったにローカルのほうは乗りませんが、たまーに富士が見えると嬉しくなります。

024.jpg
こちらはコスカの帰り、浜松町駅に戻る前に芝浦埠頭辺りを歩いていたときのもの。遠くにフジテレビが見えますが…なんであの形にしたのやら(^^;


049.jpg
11月1日の神田古本祭りに行ったときの写真です。これは神保町の真ん中にある小宮山書店。

このお祭りも50回目、ということですが…あと何年続けられるのかなぁ。
客層が明らかに50代以上男性のカテゴリーに偏ってる感じなのがなんともはや。

ブック○フのやり方すべてが正しいとは思いませんが、値付けの透明さやサービスといった部分では見習っていかないと、厳しいのかな、と思います。絶版本を探すのに、神田の書店に問い合わせるより、アマゾンで検索したほうが早いとなると…うむむ。

個人的には、今ある形の古本屋街の機能は残ってほしいと思うのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »