05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

11/17

【Original Short Story 彼女たちのメモワール(回想録) ~春乃~ ”台風の記憶”】

Category :
久しぶりになりましたが、『冬のないカレンダー』の外伝、『彼女たちのメモワール』のお話を“謎のSS書きさん”から頂きましたので掲載させていただきます。実はこのお話、9月にはいただいていたのですが…ブタベのミスでこの時期まで遅れてしまいました(すみません)。

いつも明るくほんわかお姉さん(?)な雪奈ママこと、深浦春乃さん。今回は普段よりもちょっと昔にさかのぼった頃のお話です。

『メモワール』の過去ログです。
『彼女たちのメモワール ~朱音~ ”乾杯”』(4月25日付)
『彼女たちのメモワール ~春乃~ ”酒杯”』(5月13日付)
『彼女たちのメモワール ~和葉~ ”出会いのフラグ”』(7月17日付)




【Original Short Story 彼女たちのメモワール(回想録) ~春乃~ ”台風の記憶”】

「ここ数年一番大きい台風が直撃します」
 テレビのニュースから流れてくるアナウンサーの声。
 私はソファに座って、クッションをぎゅっと抱きしめながら、逃げられない
 事実に恐怖していた。
 私は台風は嫌い、あの一人の夜を思い出すから。
 助けを求めても誰もこない、あの独りの夜は今でも怖かった。

「お母さん、台風来るの?」
 まだ幼い雪奈が不安そうな顔をしてリビングにやってきた。
 昼寝から目覚めたようだ。
「えぇ、今夜来るんだって」
「怖いよ、お母さん」
 私に抱きついてくる雪奈。
 小さな身体が震えてる、ここは母として雪奈を守らなくてはいけない、けど・・・
「お母さん?」
 腕の中から私を見上げてくる雪奈。
 守らなくちゃ、守らなくちゃ! でも・・・

「お母さんも怖いの?」
 怖くなんて無い、と言ってあげたかった。
 でも、雪奈に嘘はつけなかった。
「うん、お母さんも怖いの」
「なら、お兄ちゃんとお姉ちゃんの所に行こうよ。みんなでいれば怖くないよ」
 雪奈がお兄ちゃんと呼ぶのは幼なじみの祐介君。
 お姉ちゃんと呼ばせているのは、祐介君の母で私の親友の朱音ちゃん。
「おばさんって呼ばれるにはまだ早いのよ?」
 そう言う朱音ちゃんの顔を思い出す。
「ね、お母さん。行こうよ」
 本音を言えば朱音ちゃんの所に行きたいけど、迷惑をかけちゃうかもしれない。
 その時、インターホンの鳴る音が聞こえた。

「どちらさまでしょうか?」
「やっほー、春乃に雪奈ちゃん元気?」
「あ、お姉ちゃん!」
「朱音ちゃん!?」
「お泊まりに誘いに来たわ、さっさと準備してちょーだいね」

「お帰りなさい」
「お兄ちゃん!」
 雪奈が祐介君に飛びついた。
「ほら、春乃もそこでぼーっとしてないで入りなさいな」
「お邪魔します」
「こら!」
 私は軽く頭をこづかれた。
「ただいまでいいのよ、わかった?」
「・・・ただいま、朱音ちゃん」
「お帰りなさい、春乃」

 夕食は雪奈の為に朱音ちゃんがカレーを作っていてくれた。
 甘く作られたカレーだけど、私と朱音ちゃんのカレーは辛く作られていた。
 朱音ちゃん特製カレーは香辛料から炒めて作られる本格的なもので、作られたルーに
 野菜や香辛料で個人単位で味を変えれる仕組みになっている。
 面倒くさがり屋の朱音ちゃんは滅多に作らないけど、私はこのカレーがお気に入りだ。
 自分でも作れればいいんだけどな・・・

 4人でお風呂に入って、出た頃には風が凄く強くなってきていた。
 自宅の事が気になる、雨戸は全部閉めてきてるから大丈夫だとおもうけど・・・
「雪奈ちゃんが眠たそうだし、もうみんなで寝ちゃいましょう」
 朱音ちゃんの部屋にみんなで寝ることになった。
 布団は二つ、一つは祐介君と雪奈が一緒に寝る。
「祐介、雪奈ちゃんを守って眠るのよ?」
「わかった、雪奈ちゃん、一緒に寝よ」
「うん、お兄ちゃん」

「で、春乃はここね」
 朱音ちゃんが私を呼んでくれる。
「お母さんはお姉ちゃんと寝るんだね」
「そうよ、雪奈ちゃんのお母さんはお姉ちゃんと寝るの、だから安心してね」
「うん、私はお兄ちゃんがいるから大丈夫だよ・・・ふぁ」
「お休み、雪奈ちゃん、祐介」
「おやすみなさい、お姉ちゃん、お母さん」
「おやすみなさい、お母さん、お姉ちゃん」
 祐介君も私の事をお姉ちゃんと呼んでくれる。
「春乃もおばさんって呼ばれるには早すぎるからね」という朱音ちゃんの方針だった。

「春乃、まだ怖い?」
 雪奈と祐介君が眠ったのを見計らって朱音ちゃんが話しかけてくる。

s-冬ない深浦母3B2

「・・・うん、怖い」
 私は正直に答えた。
「よし、偉い偉い」
 そう言って私の頭を撫でてくれる。
「え?」
「さっき雪奈ちゃんから頼まれたのよ。
 お母さんが怖がってるからお姉ちゃん助けてあげてって」
 雪奈ったら・・・なんだか恥ずかしくなってきた。
「母親としてはどうかと思うかもしれないけど、私はそんな春乃が好きよ」
「朱音ちゃん・・・」
「これからもそんな春乃でいてね」
「うん、ありがとう。朱音ちゃん」


「んん・・・」
 まどろみの中目を覚ます。
「・・・あれ、祐介君?」
 私が抱きついてるのは祐介君だった。
「・・・夢?」
 頭が覚醒していく中、今まで夢で過去のことを思い出していたことに気づいた。
「そういえば・・・」
 台風が来るということで雪奈に連れられて朱音ちゃんの家に来ていたんだっけ。
 みんなで川の字になって寝ていたはずだけど・・・
「春乃、起きた?」
「あ・・・おはよう、朱音ちゃん」
「どう?祐介。頼り心地良いでしょう? そう育てたんだからね♪」
 そう言ってウインクする朱音ちゃん。
「でも、あげないわよ? そのかわりに雪奈ちゃんはもらってあげるからね」
 そう言われてはい、とは言えない。
「・・・だめよ、祐介君をもらうのは私の方なんだからね?」
「台風過ぎれば強気よね~」
「あ、朱音ちゃんっ!」
「祐介が起きる前に起きなさいな、でないとからかえないでしょう?」
「ん、もぅ!」
 窓から差し込む朝陽は眩しかった。



こんなことがあったと、今祐介が知ったらどう反応するか見てみたい…と言うか、絶対にママさんズはそれを見て楽しむことでしょう(笑)

s-冬ない深浦母3B1

こちらは布団をかける前の、元になった絵。春乃さんには基本的にロングのフレアーを履かせることが多いので、パジャマといえど、パンツタイプは不思議な感じがします。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »