05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

12/06

【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「受験生の息抜き」 by やまぐうさん】

Category :
s-朋香25B2

『ふぉあてり』でお姉さん&先輩ヒロインとくれば、かなでさん…もとい、美術部部長さん・葛城朋香です。
#かなでさんは“お姉さん&幼馴染”と“陽菜のムコ姉”というイメージが強いかな、と。

今回も、やまぐうさんから朋香先輩との『甘々なえっち』のお話を頂きました(^^) 
先輩の前だからこそ見せられる支倉孝平、といったところに注目していただければ幸いです。

(以下、18禁なのでご注意を)


【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「受験生の息抜き」 by やまぐうさん】(18禁)


 支倉孝平は生徒会役員、葛城朋香は受験を控えた身。授業以外の時間もほとんど埋まっているふたりが今日美術準備室に籠もることができるのは、生徒会の仕事が珍しくオフとなった孝平に朋香が合わせたから。受験生でも息抜きが必要。そう言い出したのは朋香のほうで、年上彼女が息抜きに求めたのは肌と肌の触れあいだった。
 籠もってすぐに情熱的なキスを交わすと、高まりのまま各々制服を脱ぎはじめた。
 先に素っ裸になった男へ朋香は、
「孝平くんが寝て」
 と声をかける。
 胸を躍らせてソファに横たわった孝平の上に、遅れて全裸になった朋香が反対向きに身を重ねていった。“お姉さん”が選んだのは、顔と性器が接近する、互いに口唇愛撫できる、シックスナインの体勢。
 孝平はクッションを頭の下に置いた。朋香の秘部へ口が重なる位置まで頭を上げるのにちょうどいいこのクッションは、孝平が持ちこんだものだ。
 秘苑の大アップに、思わず息を呑む。キスだけで秘割れがほころび、淫臭をほのかに漂わせている。凝視する孝平だってもちろん、一物を隆々と勃起させている。
「ふふっ、こんなに大きくして」
 勢いを増すのを間近で見せられて朋香が色っぽくささやき、チュッと鈴口にキスを浴びせた。孝平は一瞬ひるみ、すぐに肉唇へキスをお返しする。
「朋香先輩も、もう漏らしてるよ」
 ふっくらした陰唇に吸いつき、舌を伸ばしてぬるつかせる。ねばっこい舐めしゃぶりに反応して秘穴の奥から恥蜜が湧き、あふれだしてくる。
「あふっ、私だって、する、いっぱいするわ……ああん、孝平くんの固いオチン×ン、久しぶり」
 朋香は両手で竿部を挟むと、赤くなった頬を亀頭に擦りつけた。鼻先も押しつけてクンクンと嗅ぎ、飛びこんできた男の汗と性臭にポウッととろけて頬が真紅にまで染まる。
 ほてった顔を引き、舌を長く伸ばしてチロチロと舐めていく。先っぽのくびれをツンツン舌先でつつき、裏筋に沿って走らせ、肉幹の凹凸も丁寧に舐めさする。ペニスだけでなく内腿も舐めあげたから、こそばゆい快美に孝平はぶるるっと身震いした。
「あはぁ、孝平くんが感じてる」
 上から女が押さえつける体勢だから男の身動きを全身で感じ取れる。熱化する肌と肌の摩擦に朋香は歓声をあげると巧みな舌遣いでさらなる快感をもたらしていく。
「くうっ、と、朋香せんぱっ」
 股間からひろがる愉悦に溺れそうになった孝平だったが、秘裂にむしゃぶりついて反撃ののろしを上げる。唇でぴったり吸いついて襞肉をしゃぶりまわし、舌先でくすぐりかえす。
「んふっ、あ、ああぁ……」
 逆襲されて、亀頭を咥えこんだまま朋香が甘く喘いだ。声が出るときに舌が振動し、それがそのまま亀頭に伝わる。妖しい振動に孝平はビクッと腰をはずませ、朋香の喉元までペニスを突っこんでしまった。
 一瞬息を詰まらせたものの朋香はそのままディープスロートで奉仕する。深く咥えて頭をせっせと振って、口腔すべてを肉棒に絡ませた。
 孝平の頭が真っ白になり、慌てて奥歯をぐっと噛みしめた。一方的に奉仕されては先に昇っていってしまう。孝平は下腹に力をこめて射精感を必死に抑えこみ、舌を振るう。媚唇だけでなく膣口に差し入れて内部粘膜を舐めさすった。
 朋香の口をペニスが出入りし、朋香の膣口には孝平の舌が出入りする。
「あ、ああ、濡れちゃう。そんなに舐められたら、あっ、あっはあぁ」
 ぬるっとした軟体と膣粘膜が溶けていく淫ら極まりない感触に朋香はついペニスを吐き出してしまい、歓喜に悶えながら肉幹に指を絡め、しごきあげた。先っぽへキスの雨を降らし、舌先で尿道口をほじくって責めつづける。
「くはっ、く、んちゅちゅぅ」
 我慢をこじあけられそうに感じながらも孝平は襞をしゃぶり、さらにはクリトリスを指の腹でくすぐって指先を繊毛に絡ませた。
 膣内を舐めまくられて敏感な肉芽までいじられたのだから、朋香はたまらない。
「アッ、アアッ。も、もう。お願い、孝平くん。これ、これ欲しいっ」
 おとがいを反らせ、握った肉根を二度三度としごいて露骨におねだりした。唾液まみれの肉棒の先には透明なオツユがぷっくりと盛りあがっている。
「うん。俺ももう、朋香先輩に入りたい」
 陰阜から顔を離して孝平が切迫した声で答える。互いに性器愛撫で突っ走るよりも、さかりきった性器同士をつなげたい。昂る思いは同じ。
 年上彼女と身体の位置を入れ替えると同時に向きを戻し、覆いかぶさった。朋香が発情した顔で、進んで股を大きく開く。秘裂は男がなすりつけた唾と割れ目が噴き出した蜜液とで妖しくぬめ光っている。

s-朋香25B

「こんなに、なっちゃったわ。孝平くんがいっぱい舐めたから」
 細い指を伸ばし、見せつけるようにして濡れ具合を確かめた。二本の指のあいだに、ぬめる恥液が糸を引く。
「朋香先輩のオマ×コ、おいしいからね。舐めておいしい、チ×ポ入れたら気持ちいいオマ×コ」
「やだっ」
 猥語を連発する年下少年に眉を顰めるが、口もとはほころんでいる。言葉で官能を煽られ、情欲がさかりを増している。
 見下ろす孝平の目は卑猥な肉の割れ目だけでなく、胸の盛りあがりにも注がれている。あお向けになっても美しいお椀型はほとんどくずれない。その大きさはお椀というより丼に近い、たぷたぷと量感あふれる素敵なふくらみ。
 右手が動き、五本の指で包むように握った。「アッアァン」と艶かしい声が準備室に響く。
 とろけそうで弾力にも満ちた素晴らしい胸を揉みたてながら孝平はペニスの先を秘裂の中心に合わせた。突けば入っていくところでそうはせず、割れ目に沿って揺らし、焦らすように媚唇をこする。
「やっ、ああっ、もう、もう来てっ。な、なかがいいのっ」
 朋香は悲壮感に満ちた声で叫び、太ももをよじらせた。あふれる秘液がツーッと伝う。
 孝平の焦らしもここまで。ペニスが再度膣口に合わさり、今度はストレートに進んだ。
「アッ、アアーン」
 打って変わった悦びの声が響く。しかしペニスはまだ窪みに食いこんだだけでほとんど入っていない。
 肉割れは十二分に濡れそぼってほころんでいるのに、膣洞は固く締まって侵入を拒んでいる。孝平は体重を載せて押しこもうとするが、なかなか進まない。
「と、朋香先輩、力を抜いて」
「う、うん。抜いてる、つもり。いつもと変わらないはずよ」
「いや、きつくてほとんど入ってない」
 言われて朋香は、意識して大きく息を吐いた。緊縮がわずかにゆるんだところをペニスが突進し、ようやく先っぽが食いこむ。
「ま、まだまだ……でも」
 やっとのことで亀頭を潜りこませたが、その先はまだ狭まっている。とはいえ一度入ってしまえばじりじりと、隘路をこじ開けて進軍していく。
「ん、んふ……あふぅ。ああ、ひろがる、孝平くんのオチン×ンが、私のなかを、いっぱいに、はっ、はふ、はほおおおぉっ」
 生々しい声を張りあげ、朋香はソファの上で身悶える。膣内に侵攻している肉棒に襞が巻きついて甘く締めあげる。壁面の畝が小刻みに震えて竿表面をくすぐる。
「おおっ、朋香先輩、朋香先輩、と、朋香ぁ!」
 いきなり沸き起こった快美に孝平は大声をあげ、双乳を掴みもっていた。あまりに快美な迎え入れのお返しとばかりにギュウギュウ握って朋香の息を一瞬止めさせた。
 美豊乳を揉みたてながらぐぐっと腰をせり出し、最後は勢いにのって貫く。
「アッ、アアアーッ!」
 挿入が完了しただけで朋香は甲高い声をあげると同時に達してしまった。ペニスがあらゆる方向からキュキュッと締めつけられる。
「と、朋香先輩、イッた?」
「……んっ、あっ、ああぁ」
 久しぶりの合体とはいえ、まさか入れただけでイッてしまうとは思わず、孝平は小首をかしげて尋ねる。返事がないのが答え。おでこに玉のような汗が浮き、ピクッピクッと豊満ボディが痙攣していることからも明らか。
 孝平もしばらくそのまま、悩ましげにうねり緊縮してくる濡れ襞の感触を心から堪能していた。腰は動かなくてもペニスが大きく脈動し、膣襞の蠢きにに応えている。
「んあぁ。い、いいわ。孝平くんとひとつになって、ああぁん」
 意識がはっきりしてくると朋香はすぐに腰を揺すりはじめる。孝平も呼応して動きはじめて、新たな快美が結合部に発生する。
 大きく動きそうになって、抑える。今でも気持ちいいこの動きを下手に大きくして壊したくない思いがふたりで一致していた。
「朋香先輩、今日は敏感だね」
「きっと、久しぶりだから。ずっと、ひとりでしてたから、あっ」
 自分で慰めていたことをうっかりと白状してしまい、朋香は火を噴きそうなほど赤面してしまう。
「恥ずかしがらないで。俺だって、自分でしごいてたよ。朋香先輩のことを考えて」
「……もったいないわね」
「まったくだ」
 お互いの寂しさとイヤらしさをくすくす笑い、腰を振りあって今のつながりを心の底から楽しむ。自分で慰めるのと比較するのがおこがましい、途轍もない快楽にふたりとも包まれている。
 孝平は、あえて勢いをつけず、腰を前に突き出すときにひねりを加えてスクリューのようにペニスを使った。秘壁を螺旋状にこすられて朋香の喘ぎが艶かしさを増す。ふくよかな全身がぽよぽよと揺れ、甘酸っぱい女臭が香り立つ。
「朋香先輩。起きてくれる?」
「……ええ」
 いくらでも溺れていきそうな正常位肉交に変化をつけようと孝平が切り出し、朋香が艶やかな笑みで受ける。
 彼女の背中へ手を差し入れて引き起こし、向かい合わせになると孝平はあぐらを組んで、脚の上に朋香を乗せた。女体が高くなり、口でオッパイを可愛がるのにベストなポジションとなる。
 目の前に来たピンク色の突起へすぐさま吸いつき、チュウチュウと音を立てると、
「アアッ、アッハァン。そ、そんなに吸ったら、あはッ、アン」
 眼鏡美少女が上半身をくねくねさせて喜悦によがる。豊満バストを孝平の顔へ押しつけるだけでなく腕をまわして引きつけ、うずめてしまう。
「ンクゥ……ンッ、ンチュ、チュプッ、チュククウゥ」
 幸せの窒息状態になりながら孝平は勃起乳首を熱心に唇で吸いたて、乳暈のざらざらを舌で舐めまわす。欲情の赴くままに乳房を貪るだけでなく腰をグラインドさせて秘洞を掻き混ぜることも忘れていない。
 感度抜群の突起と淫部を責められて朋香はすすり泣く声をあげ、「い、いあっ、いいっ、いいのっ、あふん、イクぅ」と絶頂ぎりぎりにあることを訴える。陰茎の出入りする秘穴が悩ましげに緊縮して吸いこみをかけ、奥から蜜液がお漏らしのように噴き出している。
「う、うん。俺もすぐ、イクから……い、いっしょに」
「いっしょにイク、イクの。孝平くんといっしょ、ずっといっしょにぃ」
 孝平が額に汗を浮かべ呻きながら言うと、熱に浮かされる朋香もうわ言のように唱えて、涎まで垂れ流す。膣口からは愛液が漏れ出て、結合部だけでなくソファまでびっしょり濡らしている。
 男も女もとっくに昂りきっていた。相手への愛おしさがそれを意識させてなかったが、気づけばもう限界ぎりぎり。愉楽を果てへの飛翔を抑えることはままならない。
 孝平が打ちつけるだけでなく朋香も小刻みに下腹を前後に振った。恥骨と恥骨がぶつかるテンポが上がっていき、切先が膣奥を連続して抉りたてる。朋香は熱い呼気とともに「あっ、あっ、アアッ、アッ」と獣のように喘いで、絶頂へ飛んだ。
「んああああぁぁ!」「うああっ!」
 達した朋香の悲鳴に孝平の叫びが重なる。我慢の弁が吹っ飛び、濃厚スペルマが猛然と発射された。
 くびれた腰を孝平の手が引きつけ、ペニスを深々と突き刺していた。鈴口に子宮口が重なり、飛び出してくる子種液を直に呑んでいる。
「ああっ、ああっ、奥に、奥に来る、熱いの来る。ああっ、熱くて……満たされてるわぁ」
 奥の宮に熱液を注がれる朋香は恍惚となって、彼にしっかと抱きついて乳房をたわませる。心地よい弾力を受けて男根はさらに精をしぶかせる。
 膨大な吐精が終わっても淫襞が優しくうねってもてなし、孝平のモノは膣内で固く張りきったまま。
「……朋香先輩、今日って大丈夫な日だっけ?」
 未だ快楽の霧に包まれたまま、男がぽつっとつぶやいた。
「大丈夫じゃなきゃ、こんなことしないわ」
「そっか。ならいいんだけど」
 孝平の漠然とした不安は、朋香のお姉さんっぽい言葉で消えていく。
 座位でつながりつづける朋香は目を細めて慈母のようなほほえみを浮かべ、彼の頭を優しく抱えこんでいた。




たぷたぷと揺れる胸だったり、豊満な身体との絡みだったり…やまぐうさんの文章の本領発揮、といった感じですね(^^)

先日の桐葉のお話の挿絵が体位重視なのに対し、今回は一枚ですが、表情と…どれだけエッチな構図になるか、というのがメインな絵です(笑) ここの所こういう“直接的な”絵は描いてなかったので、描いてて楽しかったです。



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »