05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

06/07

【『夜明け前より瑠璃色な』 Short Story 「朝に見る下着」 by やまぐうさん】

Category :
ツインテール&縞パン、というのは妹ヒロインの基本だとブタベは思うのですが、今回は本編よりもちょっと大人になった麻衣の縞パンの18禁なお話。

6月6日付のやまぐうさんの麻衣小文『艶やかな彼女の下着』が元ネタになっています。

ブタベとやまぐうさんで『麻衣の18禁はなぜか創りづらいなぁ』とお話していて、そこから出来たお話。朝から縞パン、実にすばらしいシチュエーションなのです♪




【『夜明け前より瑠璃色な』 Short Story 「朝に見る下着」 by やまぐうさん】(18禁)


 もぞつく触感を得て、達哉の意識がふわりと浮く。まぶたに明るい光を感じ、急速に浮きあがっていく。
「うん?」
 目を開くのと同時に身を起こして、見えたものに手が反応していた。まだ意識はぼんやりしているのに、いや、それこそ理性もおぼつかない状態だったからこそ、手が自ずと動いて麻衣の太ももにかかっていた。

麻衣の縞パン


「きゃ」
「……うむ」
 麻衣の身がくずれ、シャツ一枚の裾がめくれる格好になって、縞々の下着が露わになる。男の口もとがほころぶ。
「おはよう」
「お、おはよう」
 達哉は嬉しさを朝のあいさつにのせ、返す麻衣はおどおどしている。じいっと見つめる兄の目線に、小さくため息。
「このパンツ、子供っぽいって思ってるでしょ。いいの。好きなんだから」
「麻衣が縞パンが好きなこと、よく知ってるよ」
 羞じらう麻衣の顔に達哉のほころんだ顔が向かう。
「それに、俺だって好きさ。好きだから、愛してあげる」
 右手が伸びて、縞パンにくるまれる可愛らしいお尻を撫で撫で。パンツだけでなく、はみでる肉房もさわさわと。
 絶妙な触れ加減に麻衣の唇が割れて、甘い息が漏れる。
「あ。ちょっと達哉、もう朝だってば」
「まだ時間、あるさ」
 のんびりと答えた達哉がいきなり手を動かして麻衣の手首を掴み、引いた。
 急がなければいけない時刻じゃない。でも、愉悦に溺れて時間が過ぎるのを忘れたら、危ないかもしれない。
 麻衣はあせったが、達哉はいっこうに気にせず、愛する女をベッドに転がしてしまう。
「や、やだ」
 あお向けになっただけでなく、両膝をM字に曲げられ、縞々模様に覆われた秘丘を差し出している。イヤらしく男を誘う格好に羞恥心を煽られて顔をそむけるが、脚を戻そうとはしない。
 ずっと好きだった義兄、今や立派な恋人となった男が望むことなら、拒めない。拒むつもりもない。
「可愛いよ。麻衣の縞パン」
「あ、ああっ」
 上に被さり、熱情の視線を突き刺す。灼かれる麻衣の顔がほてりを増す。
 指を伸ばして、優しくこすりはじめる。M字に開く脚がピクッと痙攣する。
 繊細な愛撫をほどこし、「好き」という言葉を実証する。
「んふ、あ、ああぁん。気持ちいい、あはっ、朝なのに、こ、こんなに感じちゃう」
「朝でも夜でも、昼間だって、俺は麻衣を愛するぞ」
 昨晩、たっぷりと愛しあった。昼間はよほどの機会がないと無理だが、朝にもこうして達哉は愛と欲に正直に振る舞う。
「わ、わたしも達哉を、あぁん、お兄ちゃんを愛してる。愛してるのっ」
「麻衣……」
 名前から「お兄ちゃん」に切り替わった切なげな声に呼ばれて、達哉は麻衣へ顔を伏せていく。伸ばした唇が触れあい、なおも達哉の顔は落ちていって密着度を増す。ねっとりと絡みあった口で、くちゅりくちゅりと淫靡な水音をふたりが奏でる。
 ねばっこいキスに没頭しながら達哉は指愛撫を怠らない。次第に撫でさする動きを速め、股布がしっとりと湿ってくるのを感じると、布地をぴったりと肉襞に押しつけるように指を使って、強い摩擦感を生み出した。
「はぷっ、はっ、はふっ。ああ、そこ、そこもっと」
 縞パンをいじられて感じ入り、キスを切ってまで嬌声をあげる麻衣。
「そこ」と言われると、いじわるをしたくなる。達哉は股間から手を引き、胸へ運ぶ。乳丘は半分以上隠れているものの、谷間はすべて曝け出されている。
 シャツをあえてかぶせたままにして、丸みを握った。
「あん」
「オッパイ、大きくなったなあ」
「そんなに変わってないよ」
「そうだっけ?」
 量感の成長を確かめるように、握ったり緩めたり。瑞々しい張りと弾力に手が悦ぶ。
 兄の手がさらに強く揉みしだこうとする気配を感じ、麻衣が言葉で先手をとる。
「ね、ねえ。胸もいいけど、あ、アソコをもっとして」
「アソコって、どこだ?」
 はっきり言わないときのお約束。達哉はにんまりと、聞きかえす。
「……縞々のパンツ」
 麻衣はお決まりの猥語ではなく、今の状況によりふさわしい単語を使った。
 それこそ、今朝の交わりのきっかけになったもの。聞いた達哉は相好をくずすと、
「了解」
「あっ!」
 手は胸に置いたまま、顔を下げていく。
「な、あっ、ああ……それって」
 恋人になにをされるか、麻衣はよく知っている。今までになんども、その愛技をほどこされ、声を抑えられず身も動いてしまい、失神するくらいに感じてしまった……。
「ああぁん!」
 達哉の舌がぺろっと縞パンを舐めあげた。鮮烈なクンニリグスを食らって、危険な大きさにまで声が跳ねあがる。
「いい声だよ、麻衣」
 ひとつ息をついてから達哉は舌腹を縞柄の布にぺったりと貼りつかせ、こすりたてる。ゆるやかなペースで、なんども、丹念に。上下に舌が動くたびに麻衣はあられもない声をあげ、臀部をもじつかせる。縞パンの股布は達哉の唾液と麻衣の恥蜜でびっしょり濡れてくる。
「もっと気持ちよくなって」
 義妹の淫声を耳に、媚態を目に、そして蜜液の味を舌に感じて達哉はクンニリングスにますます情熱をこめる。舐めあげるだけでなく舌先をくねらせて、各ポイントを刺激する。なかでも効くのは、
「アアッ!」
 クリトリス。パンツのなかで包皮が剥けるほどに膨張し、布一枚挟んでいながら鮮烈な快美パルスがもたらされて、麻衣の背中がシーツから浮いてしまう。
「そこ、そこ感じる、感じすぎちゃう」
「ふふふ」
 感じすぎるのが嬉しいのか怖れているのか、どっちにもとれる声に達哉は笑いを呑みこめない。
 余裕が生まれ、握ったままの乳房を揉みはじめる。胸と股間のダブルで責めたてていく。
「ひゃはっ、あっ、ああっ」
 強く乳房を揉まれて身じろぎをし、シャツが大きくはだけた。顔を起こした達哉は、綺麗な桃色乳首に劣情を刺激される。指の腹で乳頭をまさぐりながら舌を蠢かせて、びっしょりの縞々下着を愛しつづける。
「も、もう、んあッ、あッ、ああン。そんなに、そんなにしたら、アッアアン」
 敏感な突起を弄ばれて麻衣の官能がぐんぐん上昇している。このままの責めで、極めてしまうだろう。太ももの裏が汗ばみ、生々しい香りとなって立ちのぼっている。とめどなくあふれる愛液はパンツに染みるだけでなく濃厚な淫臭となって男の顔を包みこんでいる。
 鼻腔を大いに刺激されて達哉もたまらなくなった。余裕があるようでいて、体の内に牡欲がめらめらと燃えさかっていた。
「俺も、するぞ」
 昂りの息と声を吐くと、せわしなくトランクスを脱いだ。Tシャツ一枚になって、あらためて麻衣に覆いかぶさる。熱く固く勃起しているペニスを縞パンにくっつける。
「あん、お兄ちゃあん」
「麻衣、麻衣」
 舌に代わって逞しい一物が濡れたパンツをこすりたてる。荒っぽい刺激は昂揚した官能をますます熱く沸騰させる。
「あはぁん」

縞パン麻衣があお向け


 艶っぽい顔を見せる麻衣が太ももを閉じ、柔らかい肉と濡れた縞パンとで達哉のペニスを包みこむ。パンツがあっても、これは「素股」。秘肉が肉棒に絡まないが、快美感は決して引けを取らない。なんといっても縞パンを男自身で愛しているのだから、精神的な昂揚が突き抜けていく。
 胸と同じく量感を増してきた太ももの汗ばんだ触感、股布のぐっしょり感、合わさったことで肉棒に恐ろしいほどの快感をもたらし、達哉の牡が暴れに暴れ、腰の動きが加速していく。

s-麻衣31B

 むっちりした肉が雁首を押してくる。裏筋がパンツにこすれて、危険な電撃が立て続けに駆け抜けた。
「くうっ!」
 達哉は短い呻きをこぼし、鋭く腰を振って亀頭が縞パン中央に突き刺した。
 射精感がはじけ、思いの丈を迸らせる。鈴口に触れるパンツに新鮮なスペルマが染みこんでいき、
「ああっ、出てる。外、パンツ、ああっ、わたしのパンツに、お兄ちゃんの精液がぁ」
 熱い樹液で愛される至福に麻衣も絶頂へ飛んでいく。白濁液は縞パンの上だけでなく、太ももにも腹にも散っていく。男の粘液がひろがるにつれて、ずっとM字を保っていた脚から力が抜けていき、伸びていった。

「もう。こんなに汚すなんて」
「縞パン、好きだからだよ」
 大量の射精を受けた縞々パンツはドロドロになっている。恍惚から覚めてきた麻衣は口もとを尖らせたが、決して嫌な感触じゃない。
 感触はともかく、見た目は最悪に近い。
「はあ。早く着替えないと」
「そうだな。でもさすがにこのままじゃ」
「きゃふっ」
 達哉は麻衣を制すると、ティッシュを取ってパンツを拭いだした。なか出しの精液が漏れたときと同じように、愛しさをこめて。
(あん、またお兄ちゃんがこのパンツを……幸せだよぉ)
 情交のあとにもお気に入りの下着を愛されて麻衣は再度愉悦に浸り、着替えなければという思いを忘れて、動かずにいる。新たな蜜液が膣奥から漏れでてきたが、べったりとした感触と精臭に隠されていた。




最後の絵はブタベの試行錯誤の結果です。
たまにはこういう構図もあり…でしょうか。

縞パンを強調しつつ、素股を描く、というのは難しいですね。

それにしても、最後のシーン、縞パンの上からティッシュで、というのはなんともマニアック。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »