05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

05/09

【『夜明け前より瑠璃色な』 Short Story 「姉さんの制服、妹の下着」 by やまぐう様】

Category : いろいろ
以前、早坂様のあけるりSSSシリーズ『-if-』のなかで、麻衣が王立月博物館の職員制服を着るシーンがあり、それを元に絵を描いたのですが、今回はその絵に、やまぐう様がお話を付けてくれました。

いつもと違う衣装の、そしていつもの義妹の魅力をお楽しみください(^^)



【『夜明け前より瑠璃色な』 Short Story 「姉さんの制服、妹の下着」 by やまぐう様】

 麻衣ちゃんといっしょに博物館に来てほしいと姉さんに言われ、特に用事もなかった俺は一も二もなく了解した。理由を聞いたら「たまにはみんなで外食でもしましょう」という答えが返ってきたが、それにしては早い時刻を指定された。
「いったいなにがあるんだろうな」
「なんだろうね」
 隣りを歩く妹へ尋ねれば、にこにこしながらそんなふうに返してくる。どうやら麻衣はなにが待っているのか知っているようだが、穏やかな笑顔を見せられてしまっては、それ以上追及することはできない。別の話題でおしゃべりして、のんびりと歩いた。
 博物館に着いてすぐ、姉さんは麻衣を連れていき、俺ひとり館長室へ残されてしまった。どうにも落ち着かない。ソファに座って、足をぶらぶら。急に立ちあがって部屋をうろうろ。
 カチャ、とドアが開き、職員の制服に身を包んだ女性がひとり、入ってきた。
「姉さ……え? 麻衣?」
 いつもなら絶対に間違えることのないふたりを間違えたのは、月博物館職員の制服のせい。目をぱちくりさせて、小さな制服姿を見る。
「ふふふ。びっくりした?」
 帽子もちょこんと頭にのせた麻衣のいたずらっぽいほほえみは、なんとなく姉さんの温かいものと似ているように見えてくる。
「いったいどうしたんだ、その格好は」
「お姉ちゃんが着させてくれたの。わたしに合うサイズの服があるから、着てみるといいって」
 すっと背筋を伸ばし、くるっと半回転。俺に背中を見せつつ振り向き、自分の目でチェックしてから正面へ戻る。
「どう? お兄ちゃん、これ似合うかな?」
「……」
 麻衣の言葉に誘われて、じっと見入ってしまう。
 博物館のなかで見慣れている服とはいえ、着ているのは麻衣。姉さんのトレードマークでもある服だから、違和感があるのは否めない。服は大人っぽくても麻衣はまだ少女で……。
 だけど、その違和感は不思議な魅力になって、俺の瞳を吸いつける。
 唇をゆるませ、熱い息を漏らしながら。
「すごく、魅力的だ」
「ありがとう。着てみて、よかった」
 麻衣は、ほっと息を小さくつき、愛敬たっぷりに小首をかしげる。
 コケティッシュな少女は、麻衣でありながら姉さんでもあるようにも見えて、そうだ、俺は麻衣も姉さんも大好きで……。
 思いが高まる。熱い目線の先にいるのは、博物館の制服をまとった、魅力にあふれる女。
「お姉ちゃんはまだ仕事があるから、しばらく来ないって」
 麻衣の瞳が情感たっぷりにうるんでいる。この目つきは、妹でなくて女。姉さんとともに俺の恋人となったときのもの。
「ねえ、お兄ちゃん。お姉ちゃんと同じこと、したくない?」
 含みのある言葉に、ドキッとする。
 俺はこの部屋で、この制服をまとった姉さんとセックスした。机に這わせ、むっちりしたお尻を向けさせて、獣のように犯した。麻衣はそのことを知っている。
 今の俺の思いだって筒抜けのはずだ。
 麻衣は、くすっとほほえむと俺に背中を向けた。タイトスカートのホックをはずし、膝までずり落としてしまう。

s-麻衣14カラー

「……ごくっ」
 唾液を呑む。呑んでもすぐに湧いてくる。
 露わになった下半身は黒のパンストでくるまれている。姉さんと同じように。
 黒に透けるパンツは姉さんと違って縞々。麻衣の愛用しているそのパンツは、大人っぽい制服にはミスマッチ。だからこそ、目の前にいるのが麻衣だと強く意識し、麻衣への熱い思いが胸に湧き起こる。欲情の炎がめらめら燃える。
「して、いいよ……ううん、してほしいの。お姉ちゃんと同じように」
 麻衣も欲情している。目もとも頬も赤く染めて、黒に包まれる小ぶりのヒップをくねらせている。
 俺は兄でなく、男になった。フォーマルな制服の半裸姿に襲いかかり、黒ストッキングの上から麻衣の脚と尻を存分に撫でまわした。



はたして、この制服でも麻衣が縞パンを穿いていることが、皆様に受け入れられるかどうかが勝負です(笑)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

うむむ、黒ストに縞パンとは…。
ミスマッチ感はあれど不思議と違和感が感じない…。
麻衣だからこそ受け入れる事が出来るのかも知れませんね(^^)

ううむ…続きがどうなるのか読んでみたひ。

 

>ううむ…続きがどうなるのか読んでみたひ。

調子に乗って書くと濃いエロになりそうなので、逆に手が動きません^^;。
各人の想像に任せて悶えてもらえれば……。

 

・・・こ、これはミスマッチな魅力が^^;いやいや姉さんの服を着る麻衣というシチュが何ともそそりますねえ。

続きが激しく気になります(汗)

 

麻衣に修智館の制服を着せて似合うかは不明

>麻衣だからこそ受け入れる事が出来るのかも知れませんね
大人と子供の中間くらいの立ち位置の麻衣だからこそ、という微妙な絵になりましたが…概ね受け入れられているのでしょうか(^^;

>…続きがどうなるのか読んでみたひ
それはやまぐう様次第~。

>各人の想像に任せて悶えてもらえれば……
ブタベはあえて続きをお願いしませんでした~。
もちろん読みたい気持ちはあるのですが、今回の場合はここで止めるのもアリかな、と。秘すれば華、とか?
…続きがあったら、ハードルの高いこの制服を描くことになるから、という懸念もありやなしやと(笑)

>姉さんの服を着る麻衣というシチュが何ともそそりますねえ
逆(さやかのカテリナ制服姿)は本編にありましたからね~。麻衣は何を着せても楽しいです♪

>続きが激しく気になります
ほらほら~、こんなに続きを求める声がありますよ~>やまぐう様

 
 
  • « new
  • Home
  • old »