05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

08/13

【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「水着も夜着も」 by やまぐうさん】

Category :
カウントダウン2日前は、やまぐうさんの瑛理華水着小文でお送りします。

お盆になって、少し暑さも落ち着いてきましたが、瑛理華&孝平のカップルはそういったこととは無関係に熱いようです(を




【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「水着も夜着も」 by やまぐうさん】


「ねえ、孝平。これ、どうかしら?」
「うん。さっきよりも、こっちだな」

瑛里華、赤いチェック水着

 土曜の午後を使って、瑛里華と孝平は仲睦まじくショッピングに繰りだした。修智館学院最後の夏を楽しむにふさわしい水着を瑛里華が選んでいる。なにを着ても似合う金髪美少女に孝平の頬はゆるみっぱなし。
 付き合いはじめたばかりのときは美しすぎる彼女の横にいるのを臆したこともあったが、今や女性用水着売場でも堂々としていられるくらい、孝平は瑛里華の彼氏であるという自負を強く持っている。
 候補をいくつも抱えて試着室に入った瑛里華が三番目に見せたのは、愛用している赤いリボンと色を合わせたビキニ水着。ビキニトップの内側から肩紐にかけてとボトムの上縁に、彼女にぴったりのフリル。胸もとと腰の横に大きなリボン状の結び目と、これもまた瑛里華らしいデザイン。布の色は髪のリボンと似ているがタータンチェックが入っていて、独自にアピールしてくる。
 孝平の言葉と顔つきに、瑛里華も満足の笑みを浮かべる。
「それにするのか?」
「デザインはこれがいいと思うの。もうひとつあるから、それも見てくれる?」
「もちろん」
 カーテンが横に引かれ、魅惑的な赤い彼女が狭い部屋に消えてしまった。
 瑛里華はそれほど孝平を待たせない。そろそろだなと男が思ったそのときに、シャッという音が鳴って、
「これはどうかしら?」

瑛里華、ピンクの水着

「……こ、これは」
 孝平は目を大きく見開き、息をとめた。
 デザインは同じながら、色と柄が変わるだけで印象もがらりと変わる。モノトーンのほうが幼く見えるようでも、清楚な色気がむんむんと匂い立ってくるから、瑛里華の“女”をどうしても意識してしまう。だからといって気後れなんかせず、ピンクに包まれた瑛里華のすべてを目に収めようと熱い視線をひっきりなしに送る。
「で、どっちにするんだ?」
 危険な魅力を振りまく瑛里華が口もとをゆるませて、孝平もやっと声を発することができた。
「孝平が選んで」
「また困らせることを言うなあ。瑛里華が気に入ったほうにしてくれればいい」
「選んでほしいの」
 コケティッシュな笑顔を浮かべる彼女が彼氏に望む気持ちもわかるから、孝平は腕組みをして目の前の姿と直前の赤いチェック水着とを真剣に比較する。
 ふたつとも魅力にあふれている。どっちを選んでも後悔することなく、どっちを選んでも残りを惜しく思うに決まっている。
 孝平が考えに考えているあいだも瑛里華はほほえみを絶やさない。彼が悩んでいるのはどちらの水着も素敵に思って、決めかねているから。どちらを選んでくれても嬉しいに決まっている。
 よし、とうなずいて孝平は腕をほどいた。サファイア色の期待の眼差しに答えた言葉は。
「このピンクのほうがぐっとくるけど、水着として着るならさっきのチェック模様がいい」
「ぐっとくるのに、こっちじゃないの?」
 妙な言い回しに瑛里華はほほえみを小さくし、首をちょこんとかしげた。
 孝平はうなずく素振りを一転させ、にやりと白い歯を見せる。
「ああ。だって、このピンクを見ていると自分を抑えられなくなって、襲っちゃうから」
「きゃあ。孝平のえっち~」
 試着室に入ったまま、くねくねと妖しく身じろぎする瑛里華。孝平は、わははと笑う。幸いにして近くに店員も他の客もいなかったから、誰も眉を顰めないしため息もつかない。
「わかった。じゃあ、二着とも買うわ」
「え?」
 笑いが収まってきたときに瑛里華が買う物を決め、答えとずれていただけに今度は孝平が首をかしげそうになったが、
「チェックは海に行くときに着て、ピンクは孝平が襲ってもいい場所で、夜の部屋かお風呂場で着てあげる」
 きらっとウインクして言う瑛里華に思わず息を呑み、ピンクのフリル水着に身を包んだ素敵彼女が自分の部屋に出現したイメージを頭に作りあげた。心がざわめき、体の一部が早くも元気いっぱいになりそうだった。




夏本番な今回のえりりんは、『瑛理華にフリフリの水着を着させたら』というブタベの疑問から生まれました。
本編の彼女の水着はシャツを着てしまっているので、たゆんたゆんな胸が見られませんが、本編から1年後の瑛理華ならこういう水着もあり、でしょうか。

甘えた感じで恋人モード全開なえりりんのかわいい小文なのでした。

水着のフリルはもっと大きくしても良かったかも、ですね。得の場合は、ある程度大げさに描いたほうが映えるのですが、今回の絵はボールペン描きだったので修正できず、こんな感じに。

それにしても、ピンクのほうは妙にえっちいような感じになってますが…なんでだろう?



カウントダウンはあと1・2日程度ですね。

※カウントダウン対象が夏コミ三日目なのは、その日にしか行くつもりがないからで。さすがに有明に何日も行く気力はないのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »