05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

10/14

【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「焦れた体が求めるもの」 by やまぐうさん】

Category :
s-朋香48C2

TVアニメも始まったFortune Arterialで『秋』と来れば美術部長な葛城朋香…ということで、やまぐうさんから部長のえち文章を頂いたので、絵も描かせていただきました。

上のトリミング朋香でも、それなりにえっちぃ感じになるとは思いますが、さて、文章と絵の融合はいかに(わはー

唯一の年上先輩キャラ(…と書くと、かなでさんが怒りそうですが)、朋香の魅力満載の文章を楽しんでいただければ幸いです♪




【『FORTUNE ARTERIAL』 Short Story 「焦れた体が求めるもの」 by やまぐうさん】(18禁)


(ああっ、もう孝平君ったら……)
 授業が終わって寮の部屋に戻ってきた葛城朋香は鞄を床に放り出してベッドへ乱暴に座った。ふくよかボディがぽかぽかと温かい。体の奥はじんじん疼いている。
 校舎を出る前に、年下の彼氏、支倉孝平と落ち合った。特別教室しかない階の廊下の行き止まり、人がめったに来ることのない場所で怪しい行為に耽った。
 といってもさすがにCまでできるはずはなく、Bまでだ。腕をまわして抱きあい、ちゅっちゅとついばむバードキスからはじまって、ねっとりと貪りあうキスに進んだ。舌がくねり、差しこんで口内をねぶっては、逆にねぶられる。ピチャピチャと卑猥な水音が鳴って、淫欲の炎に油を注ぐ。
 キスの最中に、孝平は楽しさいっぱいの顔で朋香のブラウスのボタンをはずしていった。
「あ。だ、だめ……」
 拒む声に力がない。恋人への甘えが混じっている。年上の立場がそう言わせただけのこと。
 朋香の弱い声に構うことなく孝平はブラウスを左右に開く。ブラジャーの縁を飾るフリルと、カップからはみでる豊乳のくっきりした谷間が覗けた。
「素敵だよ」
 孝平は唇接合をほどいて、まじまじと見入り、くんくんと匂いを嗅いだ。汗混じりの体臭を吸われる恥辱に眼鏡少女の身がカッとほてった。
 学院の廊下で、もっと先までいくことになると覚悟していたが孝平の手いじりは一定の範囲に収まっていて、あとは鼻をひくつかせ、唇でキスするだけ。
「じゃあ、またあとで」
 じわじわと女の官能が滾ってきたところにそんな声が響き、彼は意気揚々と監督生棟へと歩いていってしまった。
 朋香はぽつんとひとりぼっち。理性が復活してきてようやくブラウスの乱れを直し、赤らんだ顔のまま寮へ足を向けた。
 自室でひとり、彼との愛戯を思いかえし、幸せになりながらも、
(触ってくれなかった……)
 不満が胸をよぎる。
 そうする意識がなかったのか、あえてそうしなかったのか、孝平はスカートの下を攻めなかった。お尻は劣情をのせた手で撫でまわしたのに、秘部は放置されていた。
 女の一番大事な場所は、部屋に戻ってきてなお熱く疼き、触れてもらうのを待ち望んでいる。
 眼鏡少女はすっくと立ち上がり、制服の上着をハンガーにかけると、ブラウスもスカートもそそくさと脱ぎ捨てた。
 彼に見られたお洒落なブラジャー、せっかく揃えていたのに見られなかったレースショーツ、ソックスだけの悩ましげな姿になって、ベッドへ寝転がる。
「ああ、孝平君。もっと、してほしかったわ」
 小さな声で熱っぽく、肉欲を露わにする。己の言葉に煽られ、ゾクゾクと背筋が痺れた。
 官能が急上昇する朋香の手が触れていくのは、あお向けになっても重力に負けることのないDカップの隆起。
「オッパイ、好きでしょう。揉みたかったでしょう……ああ、揉んで、揉んでほしかったの。だって、自分でしても、あ、あ、ああァ」
 ブラジャーごと掴んで、ゆさゆさと揺さぶる。ボリュームのある肉の丸みはカップに集められていて、大して動くことはない。それでも甘い淫楽が湧き起こり、眼鏡の奥の双眸が耽溺のきらめきを帯びてくる。
 力をこめて揉むが、もたらされる快感はあるラインを越えない。女の力は男とは比べものにならず、最高の快感を生み出すには全然足りない。
 ふっと吐息を漏らすと、カップを離した手がへそ近くをかすめ、ショーツへ伸びていく。
 そっと撫でただけで、ピリッと快美なパルスが下半身にひろがった。
「下着だって、いじってよかったの。濡らして、汚れて、帰ってきたら穿き替えるつもりだった」
 触れてほしかった。こんなふうに。
 言葉に思いをのせた朋香は、孝平の指遣いをシミュレートして秘丘をショーツの上からねちっこくさする。
 校舎でのペッティングでわずかに湿っていたショーツがじわりと濡れてくる。彼の代わりに愛してくれる指を秘裂が悦び、ほころんで蜜液をしとどに吐き出している。いじくる指に液が絡んできた。


朋香が下着姿でオナニー

  
(ラブジュースが染みてる。イヤらしい染みになって、ああ、ここの匂いも)
 胸の谷間から立ち昇る官能臭をあれだけ吸い取った孝平だ。愛液が気化した濃密な恥臭を、それこそ鼻で貪り吸うに決まっている。
 思い浮かべたイメージに煽られ、濡れた指を顔の前へ運んだ。すんすんと鼻息の音を鳴らして自ら淫臭を吸いこむ。
「や、やだ、恥ずかしい。こんなエッチな匂い、嗅がれたら……。で、でも孝平君が欲しいなら、あげる。恥ずかしいけど、ああッ、吸って。エッチな私をアソコの匂いで感じてぇ」
 発情顔で臆面なく叫ぶ朋香は指を股間に戻し、淫裂を割るほどに強く押しつけた。股布が紐状になって卑猥に食いこむ。愛液が外へ押し流される。
 股布を押しこむ指を小刻みに震わせながら、反対側の手を陰阜の上側へ持ってきた。ヴァギナだけでなくクリトリスも、最大の快楽器官も刺激しなければ収まりがつかない。
「ヒャウッ、アッ、アッ、アアッ」
 触れる前からすでにエクスタシーへの秒読みがはじまっていた。布越しに肉豆をいじるたびにカウントダウンの嬌声が放たれる。
 二本の指が割れ目を掃くように高速でこすり、クイッと陰核をひねったときにゼロを示すソプラノボイスが部屋に響きわたった。
 背中が反るだけでなくふわっと腰が浮き、ぷるるっと震える。眉根を寄せ、ハアハアと熱い呼気をひろがらせた。
 痙攣が徐々に鎮まる。脚から力が抜け、腰がシーツの上に落ちた。
(孝平君……これくらい、して、よかったのよ)
 絶頂から降りてきたが、快美の波が揺れ戻るたびに下着だけのボディをもじつかせる。
 朋香はぐっしょりと濡れたショーツを意識した。べったりと貼りつく感触はそれほど悪いものではない。
 慰めたいという欲を抑えきれなくなったとき朋香はもっと激しいオナニーをする。ショーツを剥いで、肉襞を開いて、膣のなかに指を入れて抽送させる。
 でも今は、そうしなかった。校舎で彼にしてほしかったのはショーツ越しの愛撫。彼が指を入れてくれれば悦んだろうが、入れてもらうのなら落ち着ける場所で、もっと太く逞しい、彼自身のほうがいい。
(早く帰ってきて、孝平君。私を抱いて。大きなオチン×ンをオマ×コに突っこんでほしい)
 淫猥な願いを心に浮かべ、素っ裸同士で情熱的に睦み合う図を鮮明にイメージする。無意識に指を動かして濡れ布越しに秘苑をまさぐりはじめた。





えち本番はないけど、それと同じくらいえっちぃ文章になってると思います。
ふくよかな体の一人えっちが似合うのが、さすが朋香です。

それにしても、ここまで焦らしておいて(仕事があるとは言え)さらっと離れられる孝平に風紀シールを(えー



そういえば、朋香の最初の絵は美術部長なのにブルマ姿でしたね~。
ほかのヒロインでは体操服はぜんぜん描いてないような。




チリの鉱山事故は全員救出できたみたいですね。

救出の技術などもすごいですが、個人的には、やっぱり地底に閉じ込められた彼らの精神力が一番奇跡的なんじゃないかと思います。

あの極限状況で、何週間も閉じ込められたら、気が触れてそれこそ仲間内で殺し合いになっても不思議じゃないのに、統率を保っていられたことがまさに奇跡。

ブタベにはとても…(ブタベは暗所恐怖症)。

まだまだPTSDの問題とか色々ありますが、世界に『希望』を見せてくれた彼らに祝福と敬意を。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »