05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

06/12

【Original Story  『上に乗る彼女』 by やまぐうさん】

Category :
s-2012オリジナル14B2

以前(3月)、やまぐうさんにおっぱいポニテさん小文『隠さない彼女』『隠さない私』を書いていただいていましたが、今回は同じ女の子で対になる文章を掲載させて頂きます。

#テキストはだいぶ前にいただいていたのですが、ブタベの都合で今になってしまいました。申し訳ありません。

キャラクターがはっきりしてきたからか、文章も絵も以前よりもおっぱいメインになっています。読む人に楽しんでいただければ幸いです。




【Original Story  『上に乗る彼女』 by やまぐうさん】(18禁)

「こ、これでいい?」
「うん。そのまま、腰を落として」 素っ裸になり、俺は寝転がる。同じく裸になった彼女をまたがらせ、つながってもらう。
 騎乗位は男が楽できる。連続して激しく愛しあう途中に、休憩も兼ねてそうなることがけっこうある。
 今はそうじゃない。そもそもまだ一回戦で、疲れちゃいない。
 俺が望んだのは、騎乗位は下からおっぱいを観賞できる素敵な体位だからだ。性器と性器でつながるだけじゃなく、大きなおっぱいを目で楽しみたいからだ。

s-2012オリジナル14B 

「ん、ふ、あ、ああっ、来る。来ちゃう……入ってくるよ」
 エッチな声を吐き出す口もとは快美にほころび、目元は色っぽく赤らんでいて、おっかなびっくりな顔をしている。大胆に誘うときもあるのに、上になると恐る恐る。慣れてないはずがないのに、不思議だ。
 恐る恐るでも、一物は着実に入っていく。襞肉が艶かしく寄り添ってくる。俺の口もともゆるんでしまう。
 男根が女穴に入っていくこの快感はなんともいえない。こっちから貫くのもいいが、彼女に任せるのも甲乙つけがたい。屹立にどんどん血液が流れこんで、通常勃起を越えて張り詰めていくのがわかる。
「……ふはぁ」
 根元まで呑みこまれた。彼女の息が色香と甘さに満ちている。
 彼女が腰をもぞつかせ、前にのめる。俺の視界にひろがるのは偉大なバスト。見慣れているのに思わず息を呑んでしまう。
 あまりに大きくて、重力の影響を受けてわずかに下に垂れ、俺の顔に迫ってくる。悩ましげな形を間近に見せられて、昂りで理性が吹き飛ばされそうだ。
 手を出しそうになって、控える。まだ早い。
「ほら」
 代わりに声をかける。彼女がうなずき、ゆっくりと動きはじめる。今は、彼女が動くことで派手に揺れるおっぱいを目で楽しむ時間だ。手を出さない。腰も振りあげない。
「やっ、あっ、あん。感じる、感じちゃう。感じるのぉ」
 腰をくねくね、前後にスイング、臼を挽くように回転もする。俺がなにもしないぶん、淫らに妖しく、動いている。ふたつの肉丘が華やかに、誘うように、ふるんふるんと揺れはずむ。
 積極的な腰遣いで肉棒に膣壺をかき混ぜられ、彼女が感じている。それだけじゃなく、俺の視線も感じている。豊かな胸で視線を受けとめ、視線に炙られ、燃えあがっている。
「ねえ、ねえ、あ、あ、ああっ」
 思いのままに腰を使い、胸を揺らし、高まっている。喘いでいる。でも物足りないはずだ。ひとりで動いて快感を得ても、満たされない。ふたり揃ってこそ、セックスの意味がある。究極の快感を得られる。
 今なおじっくりと観賞している俺が、徐々に追いこまれていた。おっぱいの悩ましげな揺れが性感を恐ろしいほど刺激してくる。ペニスは温かなヴァギナに包まれて、気持ちよく揉みしごかれている。ふとしたことで暴発してもおかしくない。
 勃起がますます太く、固く、そびえ立つ。まるで股間に巨木が生えたよう。横たわった体は根のよう。だが俺は植物じゃない。動物だ。動物の牡だ。
 見ているだけじゃ、収まらない。思いっきり出したい。
 見ているだけじゃ、たまらない。おっぱいを貪りたい。
 ぷつりと理性の糸が切れた。腰を振りあげる。手を差し出して、豊乳を鷲掴みにして揉みしだく。
「あっ、あっ、ああん」
 重々しいふくらみを我が物に。狭い膣穴を我が物に。揉みまくって、突きあげまくる。
「い、あ、ああっ、すご、すごいよぉ」
 彼女は狂乱したように身をはずませ、涕泣混じりの声をあげる。いやいやと顔を振り、ポニーテールが宙を舞う。
 手のなかの双乳も大きく、先っぽは固く尖って、快感が蓄積されているのがわかる。
 俺の腰にだって快感が充填している。我慢が効かなくなっている。絶頂はすぐそこだ。
 荒ぶる欲のまま、両乳首を爪でピンとはじいた。
「きゃあん!」
 彼女はピクンと震え、天を仰ぎ、感極まった悲鳴をあげる。きゅうと緊縮した蜜壺に吸引される。
 たまらず爆発する。白濁液を勢いよく放って、彼女の奥を叩く。
 膣奥をぬるぬるにするイメージを抱いた俺の目に、勃起乳首から白い液がしぶくのが見えた。それは幻。赤ちゃんもできてないのに、母乳が噴き出すはずがない。でも俺の目には見える。こんなに豊かな、母性の固まりの肉丘は、いずれ白いミルクを噴き出す。来るべきときが、ちらっと覗けている。
 膣襞のうねりに合わせて肉棒が律動し、精を吐きつづける。彼女は白い裸身を痙攣させ、エクスタシーに悶えている。
 長い射精も、やがて終わりを告げる。
「はあぁ」
 声を震わせながらふらっと倒れこんできた彼女を受けとめ、汗ばむ乳肌に頬擦りしてから、ぎゅっと抱きしめた。
「今度は俺が動くぞ」
「うん……いっぱい、してね」
 イッたばかりなのに淫欲を瞳にきらめかせている。俺の股間が瞬時にかちんかちんになった。
 彼女と位置を入れ替え、両脚をぐっと左右に押し開く。陰唇もぱっくり開き、滾る欲情のままに肉根をあてがってぐいぐい貫いていく。

s-2012オリジナル16B

「あっ、そんな、す、すごい、ああっ、強いぃ」
 膣奥に届かせ、引き、ぶちこむ。俺が主役の二回戦は、焦らし一切なしの腰抽送で彼女を大いに責めたてていく。
 上になって腰を振ってくれた彼女はもう動かなくていい。あられもない声を聞かせてくればそれでいい。
 俺の腰がぐんぐん加速する。俺が気持ちよくなるよりも彼女を気持ちよくしたい。彼女を責めたて、涕泣させ、狂わせる。
「ひ、あ、あ、ああん、あひいぃ」
 いやいやと左右に顔を振り、ポニーテールもちらつく。ピンク色の唇の端には涎が泡になって付着している。
 下半身にぶつかる俺の勢いで上半身まで揺れている。たわわな胸が元気にはずんでいるのを見下ろしていると、二度目の射精感が早くもこみあげてくる。
「ああっ、また、また来ちゃう」
 開いていた脚がくねり、俺の腰に絡んでくる。秘肉も肉幹にぴったりと寄り添い、妖しく蠢いて摩擦してくる。淫らにねだられてペニスがひとまわりもふたまわりもふくれあがる。
 抽送のペースをわずかに落とし、右手でふくらみを包む。しかし、豊かなバストをいじろうとするとどうしてもバランスがくずれる。
 だから俺は、彼女の手を取って胸に持っていかせた。自分の手は、正常位の腰振りにベストなポジションをキープする。
「あん、これ、これで、いい、いいよね。ああン、いっぱい感じちゃう」
 意を汲んで彼女自ら胸を揉みはじめた。自分が気持ちよくなる手遣いを俺に見せつけ、息をはずませ、歓声を迸らせる。
「感じろ、感じろ。ほら、ほら」
 膣の快感が胸に負けるようでは情けない。テンポよく腰をスイングさせ、子宮口にめりこまんばかりに深く突き刺す。愛液がとめどなく湧き出すだけでなく、先割れからカウパー液が大量に漏れている感覚がある。
 カウパーがこんなに出るのは、本汁のチャージも完了しているから。二度目の射精までもうすぐ。今度は俺が、俺の意志で、彼女に流しこむ。彼女の奥にある、女の器官へ。
「ひゃ、あ、あ、あ、ああっ、あっ」
 口を半開きにした彼女が、こりこりと両の乳首を揉みほぐしはじめた。俺が限界を突破するのに合わせて、一番感じる愛撫をほどこすつもりでいるのがわかった。
「いくぞ」
 腰を小刻みに震わせてから大きく浮かせ、コンマ数秒の間をとって、ずんと打ちこんだ。
「アアアーッ!」
 絶叫した彼女は乳首を引っぱっていた。
 円錐形になった乳首を目にした俺は精をぶちまけている。鈴口が子宮口に合わさり、奥へ直に、なんども飛ばしている。膣襞は淫靡な蠕動で精液を引きこみ、逆流させない。したたかに放ったスペルマをすべて、飲んでいる。
 両腕をついて身を反らせ、股間を押しつけたまま俺はしばらく息をとめていた。
「ふ、ううぅ」
 射精が一段落して、やっと息をつく。そして気づいた。彼女はがっくりとうなだれ、小さく息をするだけで意識を失っていることに。





元になる設定もない中で、ここまでの文章をかけるやまぐうさんは本当にさすがだなぁ、と。いつまでも初々しさの見られる彼女はいいですね♪




さすがに巨大なおっぱいを描くのはこのあたりでごちそうさま、かなー。
これからも描くだろうけど、それをメインにする絵描きではないので…(多分?)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

No Title

文章とイラスト拝見しました~。
うーむ、やはり相変わらずやまぐうさんのお話はえちぃですな。
そしてブタベストさんのイラストが更に引き立てています。
おっぱいと裸ニーソバンザイ。

>18禁にならない程度の微えちにするのが難しい
そのためにキャミソールというものが(を
しかしどちらかと言うとやっぱりブラのみの方がいいと思うのです。

>夏休み中の誰もいない保健室
そう言えばそこでのシチュは無かったなぁ…。
しかし書くにしても、まずはおにゃのこの性格を掴まないとアカンなと思いつつ。

>後で酷い目に遭うと分かってても、なぜヒトはやってしまうのか。
何故なんでしょうね。
やはりバレなきゃラッキーとしか思ってなくて、後のことは何も考えていないのかな、と。

不正周回とはまずあるインターチェンジから高速に乗って環状線をぐるりと回り、乗ったインターチェンジの隣のインターチェンジで降りる事を指します。

(例)御殿場IC→(新東名)→浜松いなさJCT→三ヶ日JCT→(東名)→裾野IC

この場合係員のいる料金所ブースで「周回したよ」と申告して走った距離に見合った正規料金を払えば問題ないのですが、そのまま素通りしたらそこで不正周回が成立してしまうわけです。

不正周回はダメ、ゼッタイなのですよ―。

>実際の車の大きさに直すと新幹線並みのスピードになるらしい
ほほう。それは知りませんでした。
では新東名と東名を使ってミニ四駆コースを(マテ

>ひでやんさんもえちぃ絵を描くのですよ~
すみません勘弁して下さいm(T _T)m

>ビキニみたいな私服が出てきそうでこわひ(笑)
ビーチあたりで流行りそうな…いや、もう流行っているかも。

瑠璃「いや、それブームでも何でもないから」

>大宮のコンコースにある店の大きなバージョン
感じからしてお土産物販売ブースほどの大きさかなー、と思ったり。
それにしても大宮にもあったのか…。

とりあえずおかしらんどと併せてチェックですな。

>そのかわりエキソトとかはどんどん寂れt…
確かに駅の中で事足りるようになっちゃうといろんな意味で厄介なことに(汗)

>さて、これはどんなえっちぃお話に
今回の話はコーヒーショップのおねーさんが出てくる話です。
前フリが片付いたのでそろそろえっちぃシーンに取り掛かりたいところ。

>夕立におそわれて濡れて透けて
定番中の定番ですね~(^^)

 

No Title

>おっぱいと裸ニーソバンザイ
ま、まぁ、今回はニーソはあとから付け足したもので、メインではないですが(^^;
感想ありがとうございます。
こういうオリジナルで一方向突貫なネタはいろいろ難しい部分もありますが、また描いてみたいですね。

>やっぱりブラのみの方がいいと思うのです
ま、まぁ、この場合は以前の女医さんのお話の時のセーラー服の女の子みたいな絵になりそうですね。
これまでの絵と違いを出しつつ、というのがハードル高い(苦笑)

>>夏休み中の誰もいない保健室
部室で、というのはいくつかありましたけどね。
保健室みたいにちょっと背徳感のある場所も面白いかな、と。

>おにゃのこの性格を掴まないとアカンなと
普段強気なのに押しに弱い、とか(それは単なるブタベの趣味(笑))

>環状線をぐるりと回り
またとんでもない不正が…そういうのができちゃうシステムを作っちゃう道路公団も悪いんだろうけど(公団のせいにするのは失礼ではあるのですが)、正規にお金を払ってほしいものです。

オービスやら監視システムやらでそういうのが出来ない状況にするしかないのかな…台数多いから手間掛かりそうですが…。

>ほほう。それは知りませんでした
まぁ、ミニ四駆は1/32スケールですから、実車の大きさに換算すると恐ろしいことになる、ということで。

>新東名と東名を使ってミニ四駆コースを
はたしてミニ四駆でどれくらいの距離を走り切ることができるのやら(^^;

>>ひでやんさんもえちぃ絵を
>勘弁して下さいm(T _T)m
ふふふ…あのような改造をしている人は、いつかは描きたくなるものなのですよ?

>瑠璃「いや、それブームでも何でもないから」
ではさっそく瑠璃ちゃんにも咲島の浜辺でそういうファッションを…

晴美「いや、フジモンの場合、ビキニだと可哀想なことに…」
瑠璃「ほほぅ…何がどうかわいそうなのか、そこの体育館裏で説明してもらおうか」
晴美「ひぃっ」

>駅の中で事足りるようになっちゃうと
大宮のエキュートができてから東口の商店街が大変なことに…今は改造工事やってますが、どうなることやら。

>コーヒーショップのおねーさんが
おお、どんなお話になるんだろう。おねーさん、ということは主役は誰なんだろう…むむぅ。

>>夕立におそわれて濡れて透けて
>定番中の定番ですね~
定番こそが鉄板なのですよ!(力説

まぁ、定番を微妙にはずす絵描きが言うのも何ですが。

 
 
  • « new
  • Home
  • old »