11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

10/07

『大図書館の羊飼い』望月真帆小文「纏う水着は、きっと」 by やまぐうさん

Category :
真帆タイトル1
9月のエントリーのあと、やまぐうさんから最初に頂いたのは、この文章でした。
水着の彼女・真帆ということで京太郎は一体どんなイメージをするのでしょうか。



『大図書館の羊飼い』望月真帆小文「纏う水着は、きっと」 by やまぐうさん
 京太郎が顔を上げる。本を手で支えたまま、小さく息をついた。
 夜が更けて、窓の外に静寂がひろがる、一番落ち着ける自分の部屋で、これ以上ない読書環境なのだが字が脳まで伝わってこない。
 ぱたりと本を閉じ、目も閉じる。
 考えるのは明日のことばかり。大好物の活字も今は邪魔物。
 明日は真帆と会える。デートする。デートの場所は、アミューズメント施設のなかにあるプールだ。
 留学が決まっている彼女と、できるだけいっしょに過ごしたい。いろんなことをしたい。今まで行ったことのない場所のなかで白羽の矢を立てたのが、そこだ。
 そこを推すにあたって、彼女の水着姿が見たいという、男の欲を素直に出してしまい、真帆にため息をつかれてしまった。幸い、言い訳を口にするより前に真帆はにっこりほほえんで了承してくれた。「筧君はインドア派と思っていたのだけど」と皮肉もちょっぴりおまけにつけて。
 彼女の笑顔が脳裏に浮かび、表情から全体図へイメージはふくらむ。明日を控えた今また欲を疼かせる。
 いったい、どんな格好を見せてくれるのだろうか。
 まず思い浮かべるのは、学園指定の水着。実用的な競泳タイプで、なかなかに洗練されていて、それゆえに色気は抑えこまれている。
 学園紹介のパンフレットでしか見たことのないそれを、京太郎は真帆に重ねてイメージする。

真帆12B2

 水着そのものに色気がなくても、纏った女のボディラインを強調し、このうえなく綺麗に見せる。真帆が纏えば、どんな男も、女ですら、目を瞠り、息を呑むだろう。
 前からなら胸に、後ろからならお尻に、京太郎は熱い視線を注いでしまう。彼氏の特権だ。
 ほてりすぎているのを意識し、大きく息をついた。
 落ち着くことで、イメージも切り替える。
 学園の外のプールだから、学園指定の水着じゃ野暮と真帆も考えるだろう。きっちりした水着とはまったく逆の……そう、フリフリな可愛さ爆発の水着を着てくれるかも。
 真帆には似合わないと感じる人が多いだろう。真帆は“お固い女”だから。
 でも京太郎は真帆の可愛さを知っている。可憐な彼女に、フリルたっぷりな水着はとてもよく似合うはずだ。

真帆10B

 頭に浮かんだ彼女のあまりの可愛らしさに、だらしなく頬をゆるませ、時間がゆるゆる過ぎていく。
 不意に、競泳水着の姿がよみがえる。可愛いフリフリをイメージしたことで競泳水着の魅力にあらためて気づく。
 フリフリの水着にうっとりすれば、競泳水着の凛々しさに身を引き締められる思いに捕われる。きりっとした彼女に見惚れれば、フリルたっぷりの水着に魅惑される。
 ああ、どちらの水着姿も見たい。見せてほしい。
 もし競泳水着で現われたら、スポーティーですらっとした彼女を誉めに誉めまくって、堪能したあとに、フリフリ水着をリクエストしよう。
 もしフリフリの水着で現われたら、最高に可愛いとひたすら繰り返して、学園指定の水着も見せてくれと頼もう。
 どっちだろうと、次を求める。水着デートは一度で終わらせない。
 ようやく納得した京太郎は、スマホで時刻を確かめる。指を滑らせ、メッセージを送る。
『どんな水着か楽しみで、眠れない』
 すぐに返信が来る。
『ちゃんと寝ておきなさい』
『うん。おやすみ』
『おやすみなさい。   大好きよ』
『俺もだ』
 そこまで交わして、スマホを置く。ベッドに潜りこむ。
 今なお頭に残っているイメージを散らす。イメージはもういい。明日になれば本物を見せてもらえる。イメージを遥かに上まわる、最高の姿を……。




本編の最初の頃の浮世離れした京太郎とは全く違ったデレッデレな彼氏の想像(妄想?)力でした(わは

元の絵を描いた時の都合上、多分学園指定の水着(本編で玉藻が着ていたもの?)とは違う…と思うのですが、水泳部の方はこちらのデザインだったりして(絵描き的ご都合主義
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »