11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

10/07

『大図書館の羊飼い』望月真帆小文「選ばれし水着は」 by やまぐうさん

Category :
真帆タイトル2
上の目次ページにも載せたビキニ水着の絵を描いてから頂いた小文です。
今度は真帆と京太郎が同じ部屋にいますが、3つの水着をやまぐうさんはどう描いてくるでしょうか。



『大図書館の羊飼い』望月真帆小文「選ばれし水着は」 by やまぐうさん

「これ、割りと無難で、いい感じじゃないかしら」

真帆12B2

「まあ、そうかな。いや、そんなことも」
 部屋の真ん中でポーズを決めた真帆がにっこり。見入る京太郎の返す声は上ずっている。
 次のデートはぜひともプールで、と京太郎が猛プッシュ。最初は固く拒んだ真帆も彼氏の熱に徐々に溶かされ、オーケーを出した。
 とはいえ、いきなりプールに出るのは恥ずかしいから、まずは部屋で見てほしい、自分に似合う水着を選んでほしいと条件をつけてきて、京太郎はうなずいた。デートのときまでその姿を楽しみにしたい気持ちもあったが、彼女を不安にさせてまでという思いのほうが断然強かった。
 まず真帆が着てみせたのは、スポーティーな競泳タイプ水着。それは汐美学園の授業で指定されているもので、彼女も抵抗なく身にまとっている。
 そういう水着だから無難、実用的で男へのアピールはさほどない……はずなのに背面がオープンになっていて、肌がかなり露出している。
 意識したのか無意識か、真帆の取ったポーズは背中を見せると同時に綺麗なヒップの丸みも、豊かな横乳も、ばばんとアピールしてくる。生唾をごっくんしそうになった京太郎は量を調節してなんとか音をたてずに収めた。
「無難かどうかは議論の余地が大いにあるが、魅力的なのは間違いない」
「もう」
 いかにも京太郎らしい言い回しに真帆は呆れ、それ以上の喜びを顔に浮かべる。
 くるりと一回転してみせて、着替えに向かった。

「これは、ちょっと私には似合わないと思う」

真帆10B

「そんなことない。ばっちりだ」
 臆しているのかポーズも少々ぎこちなくなった真帆に、京太郎はサムアップつきで答える。
 次に披露されたのは、これこそ女の子が自分を可愛く見せる、フリフリの水着。初めての水着を真帆は見事に着こなして、美しい体を可憐に飾っている。見つめる京太郎の頬はゆるみっぱなし。
 なのに、似合わないと本人が言うのは“お固い女”というイメージを持っているから。
 確かに生徒会長を務めていた彼女には、そんな面がある。でもそれは、過去の一面に過ぎない。彼氏彼女の関係になった今“愛らしく可愛い女”が前面に出ている。フリフリ水着こそ似合う、最高の女だ。
 プールに誘ったとき以上の熱をこめて京太郎は主張し、真帆の表情も感情もほぐれて、水着にマッチした可愛さ爆発のポーズを取ってみせた。京太郎は手を叩かんばかりに喜ぶ。それはそのまま真帆の喜びとなる。

「じゃあ、これならどう?」
「……」
真帆13B

 再び着替えてきた真帆がまとっているのは、フリフリタイプと同じくビキニの水着。だが縁のフリルがなく、そのぶんカップの面積が小さくなって露出度が上がっている。深い谷間どころか横乳も下乳もこぼれんばかり。浅ましい欲を煽られる。
 ボトムはボトムで両サイドが紐で留めてあり、その危うい事実だけでむらむらしてしまう。
 捉える京太郎は口を開けずにいた。開けば声でなく、熱い息を吐く。吐けばその熱でこの部屋が熱く燃え、己自身も燃えあがり、襲いかかってしまう。
 下半身を疼かせる欲を、なんとか抑えこもうとする。今は見るだけ。評価するだけ……。
 口を引き結ぶのが精一杯で、目がぎらつくのは止められない。
「それが答えね」
 真帆は賢い。くいっと小さく肢体を捻って、獣の視線を躱し、襲われる前にさっさと引き揚げてしまう。

「で、どれが良かった?」
 私服に戻った真帆が、目をきらきらさせて迫ってくる。
「うーん、うーん……」
 困り顔で宙をにらむ。脳裏にくっきり刻まれた真帆の水着三態がちらつく。

真帆水着

 しっかり隠していながらボディラインの美しさをこれみよがしに飾り立てる競泳水着。ひたすら可愛いフリフリ水着。そして、大人の女の艶をむんと匂わせる紐水着。
 それぞれの良さが、三つ競い合うことでいっそうはっきりわかる。どれか選ぼうとすれば、残りふたつが待ったをかける。
 どれを選んでも後悔する。迷いから抜け出ることはできない。
「全部いいよ」
 うまい返しでないと承知で、そう答えるしかなかった。
 案の定、真帆は、はあとため息をついて肩をすくめる。なんのために見せたのかしら、と全身で語っている。
「全部いいんだから、プールでも今みたいに途中でチェンジするっていうのはどうだろう。お色直しみたいで、いいじゃん」
「面倒よ」
 ヤケ混じりの京太郎の言葉はフォローになってなく、ばっさり斬られた。
 今度は京太郎が、はあとため息。ずうんと落ちこんでいきそうな彼の前で、いきなり真帆がぱあっと笑顔を輝かせる。
「全部いいってことは、どれを着ても文句ないということよね」
「まあ、そうなるな」
「ふふ、それなら私が決めるわ」
「! やったぁ」
 元から当日を楽しみにしていたのだから、願ったり叶ったりだ。京太郎の顔にも笑みが戻る。
 ふたりは笑顔を交わし、楽しみという気持ちを共有する。すでにデートが、はじまっているも同然だった。




なんとも子供みたいな京太郎ですが、表情がすべてを物語っている辺り、えろげの主人公です(をい

そして、絵描き的にデート本番当日、真帆が選んだのはどんなのか、というイメージがこれなのです。

真帆14B

是非今年のうちに描きたかったパレオ水着な真帆でした。
華美な装飾はあまりありませんが、真帆の性格ならこういう方向の華やかさもありかな、と思うのです。

最終的に真帆の水着で4枚、絵を描きましたが、やはりやまぐうさんに文章をつけて頂くと絵が生きてくるような気がして、とても嬉しいですね♪
どうもありがとうございました。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »