06
05月07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
クロシェット(Clochette)
オーガスト(August)
ゆずソフト
最近の記事+コメント
Twitter

Profile

ブタベスト

Author:ブタベスト

埼玉に生息する微えち絵描きです。時々アレな絵が出てきますのでお気をつけください。

●ブタベの絵の基本要素
制服(学園モノ・ウェイトレス服・メイド服)、黒髪ストレート・ポニーテール・ツーサイドアップ、半裸(?)

今はCanvasシリーズ(FC01)とオーガストを中心に描いてるみたいです。

●生態
なんか、最近『フリルの申し子』なる二つ名が付いたり付かなかったり(^^; 大概、絵のどこかにリボンとフリルがありますからね~。
●連絡先
scluge▲●@☆△gmail.com
▲●☆△を抜いてお送りください。なお、返信速度はあまり期待されませんよう。

SSログ
2007年8月~
『桜の中で』 (Canvas 彩)
『咲かずの桜』
 (Canvas 彩)早坂充様
『窓の月』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『三月七日、紗奈(さな)の日』
 (オリジナル)やまぐう様
『暑い日に紗奈と』
 (オリジナル)やまぐう様
『やどりぎ in 白鳳寮』
 (FA 瑛里華)やまぐう様
『やどりぎの枝』 (FA 桐葉)
『逃がすつもりはないから覚悟、し・て・ね♪』 
(冬のないカレンダー)早坂充様
『寂しがり屋の天使』
 (FA かなで)匿名希望様
『どっちが好き?』
 (FA かなで・陽菜)やまぐう様
『紗奈』(Full Ver.)』
 (オリジナル)やまぐう様
『紗奈』外伝 ―彼女と映画を―
 (オリジナル)やまぐう様
『幸運の羽』 (FA かなで)
『紗奈』(Short Ver.)
 (オリジナル)やまぐう様
『去年とは一味違う夏』
 (オリジナル)朝霧玲一様・ブタベ
『スケッチの裏側で』 (Canvas2)
『未来は白にも黒にも(1)』
 (Canvas2)
『エステルが浴衣に着替えたら』
 (明け瑠璃 エステル)やまぐう様
『夏の終わりを楽しむ浴衣』
 (オリジナル)
月別アーカイブ
ブログ内検索

03/24

『FORTUNE ARTERIAL』千堂瑛里華SS「窓の月」(18禁)

Category : いろいろ
s-erika7.jpg
「瑛里華のSSが世間に少ないから絵が描けない」という、ブタベの無茶な論理のために、やまぐう様が瑛里華でお話を書いてくださいました。どうもありがとうございます。

今回のメインはSSタイトルにもなっている「窓の月」という体位です。

ぎゃるげやアニメーションであれば、文章で描かなくても絵でどんな状況・体位なのかを説明できるのですが、文章がメインのお話ではその辺はなかなか難しく。…とは言え、逆に文章だからこそ、色々想像できる楽しみもあり、また書き手にとっても面白い…ブタベはこの文章はそんな感じのことを考えながら、楽しませていただきました。

ちなみに文章は、やまぐう様のいつもどおりのえち具合で、お楽しみいただけます(^^) それではどうぞー♪


(FC2なので、このお話をブログに載せられることに思いっきり喜んでいるブタベなのでした<マテ まぁ、その辺も移転の理由ですしね~。 瑛里華のこのお話を最初に載せられることがとても嬉しいです)


追記:んー、なんか下の【余談ですが…】が編集できない(汗) SS本文はそのリンク先です。

追記の追記:編集方法は分かったのですが、SSの掲載に、今のテンプレートが合わないので、変更しました。見やすくなってるかなー。



【『FORTUNE ARTERIAL』千堂瑛里華 Short Story 「窓の月」 by やまぐう様】

 抱擁とキスで昂ったとたん孝平と瑛里華は目配せだけで通じ合い、邪魔な衣服を脱ぎ捨てた。生まれたままの姿になり、ベッドへあがる。
 あお向けになった瑛里華へ真上から覆いかぶさって結合を果たした孝平は、動きはじめる前に左脚を抱えこむようにして彼女の腰をひねった。
「……あ」
 斜め横を向く体勢になった瑛里華がわずかに不安そうな顔をして彼を見上げた。見下ろしてくるのはなんとも逞しい、愛する男の不敵な顔。これが他のシチュエーションなら「突撃副会長」の異名を取る瑛里華だから彼へ挑みかえすだろうが鋼のように固い肉槍を深々と突き入れられている今は、もじもじとおとなしく振る舞うことしかできない。
「可愛いな、瑛里華は」
「……もう」
 クイックイッと軽やかに腰を跳ねさせながら笑いかける孝平。瑛里華は羞じらいに染まり、困ったような顔をしている。

s-瑛里華7(窓の月)

 ほんのりと情欲の炎がきらめく瑛里華の瞳は、彼の顔を見ては、小刻みに反復しているペニスを見る。「窓の月」と呼ばれるこの体位は、ちょっと顔を向ければ生々しくつながる股間がばっちり見えてしまうのだ。
 孝平が深く突き入れてグラインドをかけると、瑛里華の目は結合部に吸いつけられた。卑猥な接合部に見入っているうちに、白く滑らかな頬が紅に上気して輝き、「はふはふ」と舌足らずな声と息をこぼす。
「感じてるだろ」
「そ、それはそうよ」
 金髪少女の見入る先に同じく視線を向けて、孝平がおかしそうに言う。瑛里華はぱちぱちまたたき、唇をちょこんと尖らせる。
 たとえ目で見なくても、子宮のなかまで攻め入ってこようという肉勃起は膣全体でしっかりと感じ取ることができる。苦しいくらいに深く入れられ、それなのに、それだからこそ鮮烈な快感が生まれている。
「……んっ。あっあっ、ああっ、孝平ぃ」
 リズミカルな抽送が休みなく続いている。ぬちゅぬちゅと、耳から官能を高める淫らな音が鳴っている。新鮮な女蜜が奥からあふれてきて、しっとりしていた陰唇がびっしょりと濡れてくる。
 甘美な摩擦が繰りかえされ、ただでさえ熱かった膣肉が燃えるように熱くなり、固い肉棒にぴたりと貼りついて淫らな蠢動と収縮で迫っていく。
 ぬるつく襞肉にペニスを歓迎されて孝平も目を細める。
「俺も感じるよ、瑛里華を。……すごく気持ちいい。すごく、幸せだ」
「私だって、孝平とこうしているのが、とってもいいの」
 歓喜のエールを交換し、互いの顔を見つめあう恋人たちは、ここまで距離を詰めることができた現実に感極まる。
「ああっ、瑛里華。瑛里華っ」
 孝平の腰がダイナミックにはずみはじめた。きゅっきゅと巧みにしごいてくる秘肉に我慢できなくなり、ずんずんと重い打撃を膣奥へ打ちこんでしまう。
「あん、ああん。孝平っ、強い、ああっ。強いのが、来るっ」
 瑛里華も彼の勢いに乗るようにして美裸身をはずませる。淫穴は鋭く穿ってくる肉棒をしっかりと咥えこんで悩ましげにしごきたてる。剛直に苛烈に責められていながら、羞じらいの赤に染まりながら、淫欲の赴くままに振る舞っている。
 彼女の高まりが逆流してきて孝平は興奮に目をぎらつかせ、瑛里華の身揺すりでぷるんぷるん揺れる豊かな胸乳を鷲掴みにした。初体験のときよりも明らかに量感を増し、手のひらからはみだしそうになるほどのボリュームを誇る美乳。男が垂涎の的にするこのふくらみを自由にしていいのは孝平だけだ。
 柔らかくてふわふわしている肉の丸みなのに、まったく垂れないのが不思議。
それもそのはず、豊かな肉丘は柔らかくてもしっかりした張りと弾力に満ちているから。
 吸いつくような乳肌に手のひらを貼りあわせ、ぎゅ、ぎゅぎゅうと力任せに揉みたてる。痛みを覚えてもおかしくないくらいの力なのに瑛里華は陶然となって、「もっと、もっと」と甘いささやきで乳嬲りをせがむ。
 孝平は指の腹を使って乳首を転がし、彼女を悶えさせる。濃いピンク色に充血した突起は指先でプッシュして柔らかな肉丘に沈めても、すぐにピンと立ち戻る。爪ではじいたり、指でつまんでひねったりと玩弄し、乳房揉みとの連携で瑛里華の官能を沸騰させ、軽いアクメに追いやってしまう。
「うああっ。瑛里華、俺もっ」
 金髪を波打たせて彼女が快感に浸るのを見て、自分もイキたいとピストン運動を加速させる。素敵なふくらみは単に握るだけになり、至高の快楽を目指して叩きつけるように腰を打ちつける。
「うっ、くっ、うあっ、ああっ、ああぁん」
 新たなるエクスタシーに目覚め、瑛里華のゆるんだ唇から愉悦の息が漏れる。
 雄叫びに近い声をあげる孝平の腰の往復運動は荒々しいが、決して暴力的ではない。猛然と動いてしまうのも、瑛里華が愛しいから。瑛里華のすべてを強く求めているから。愛に満ちているから。
 瑛里華の淫肉も彼への愛そのままに肉茎に絡みついていく。淫らにまとわりついては燃える男のピストン運動に蹴散らされ、それでも決してあきらめることなくなんどもなんども絡みつこうとする。
「まだ、まだいける。ううあっ、い、イキたいんだ」
 孝平の口から熱い息とともに咆哮が飛び出る。
 先行していた心の昂りに肉体の興奮が追いついてきた。男根に着々と熱樹液が充填され、勃起がますますふくれあがっている。心に渦巻く愛情に、確かな男のエキスの熱が加わり、もはやどうしようもないくらいに昂り、動いてしまう。
 鈴口からは先走りの汁がとめどなくあふれ、本汁が漏れていないのが不思議なくらい。まだ射精をこらえているのが奇跡的なくらいだ。
「瑛里華、もう、俺」
「ちょうだい。孝平の精液、いっぱいなかに、なかにかけて」
 瑛里華はすでにエクスタシーに飛びかけていた。高いソプラノボイスで淫蕩に、貪欲に求めたとたん、秘壺もそれに同意するように強烈な吸いこみをかけた。
「ああっ!」
 淫猥な吸引を受けて射精欲が爆発した。我慢のバルブを全解放して精をしぶかせる。固まりに感じられるほど濃厚なザーメンが輸精管を通りぬけるたび、肉棒がばらばらになるほどの愉悦感がひろがってくる。
 瑛里華は脚を屈曲させ、膝を大きく開いて臀部をひくつかせ、熱い流れを受けとめる。
 硬直した肉茎を通って熱いスペルマが続々と膣奥へ流れこむ。びくんびくんと同じリズムで身を震わせる孝平と瑛里華は子種液によりひとつに結ばれている。
 ふたりは長い射精が終わるまで同じ桃源郷でときを過ごし、終わったときには意識がおぼろとなって力なくくずおれてしまった。

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »